聖霊の力(使徒言行録2章1節から13節)

説教音声

 

 

 

使徒言行録21節から13

 

1五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、2突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。3そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。4すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。

 

5さて、エルサレムには天下のあらゆる国から帰って来た、信心深いユダヤ人が住んでいたが、6この物音に大勢の人が集まって来た。そして、だれもかれも、自分の故郷の言葉が話されているのを聞いて、あっけにとられてしまった。7人々は驚き怪しんで言った。「話をしているこの人たちは、皆ガリラヤの人ではないか。8どうしてわたしたちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか。9わたしたちの中には、パルティア、メディア、エラムからの者がおり、また、メソポタミア、ユダヤ、カパドキア、ポントス、アジア、10フリギア、パンフィリア、エジプト、キレネに接するリビア地方などに住む者もいる。また、ローマから来て滞在中の者、11ユダヤ人もいれば、ユダヤ教への改宗者もおり、クレタ、アラビアから来た者もいるのに、彼らがわたしたちの言葉で神の偉大な業を語っているのを聞こうとは。」12人々は皆驚き、とまどい、「いったい、これはどういうことなのか」と互いに言った。13しかし、「あの人たちは、新しいぶどう酒に酔っているのだ」と言って、あざける者もいた。

 

 

 

 

 

今日は、ペンテコステです。

 

私たちも今日、この礼拝を、ペンテコステ礼拝としてささげています。

 

でも、クリスマスやイースターに比べると、ペンテコステというのは聞きなれないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

「ペンテコステ」というのは、「50番目」という意味のギリシャ語です。

 

今日の個所にもそれが書かれていますね。

 

一番最初のところに、「五旬祭」と書かれていますけれども、「旬」というのは「上旬、中旬、下旬」という時の「旬」ですね。

 

つまり、十日間という意味です。

 

それが五つで五旬なんですから、「五旬祭」というのは、「50日目のお祭り」ということです。

 

では、何から数えて50番目なのかというと、過越祭というお祭りから数えて50日目なんですね。

 

過越祭というお祭りは、イスラエルの民がエジプトで奴隷であったところから導き出されたことをお祝いするお祭りです。

 

神の怒りがイスラエルの民を過ぎ越した。

 

神の怒りがエジプトの民に降りかかった。

 

そして、イスラエルの民はエジプトを脱出した。

 

そのことを記念するお祭りです。

 

では、その50日後のペンテコステは何をお祝いするお祭りなのかというと、エジプトを脱出してから50日後に、神の律法をいただいたことを記念するお祭りなんです。

 

モーセの映画を見たことがある人はご存知かもしれませんが、イスラエルのリーダーだったモーセが山に登って、律法が書かれた石の板をいただいたことを記念するお祭りが、ペンテコステなんですね。

 

 

 

この二つのお祭り、過越祭とペンテコステは、イエス・キリストについても大切なお祭りです。

 

キリストは、過越祭の時に十字架にかけられたんでした。

 

これは、単にタイミングが一緒だったということではありません。

 

過越祭の時には、イスラエルの民は小羊の血を門の柱と鴨居に塗り付けたんでした。

 

これは簡単なことのようですが、エジプトでは、動物を神としていましたから、動物を無駄に殺すということは大変なことなんです。

 

動物を無駄に殺すと、死刑になることもあったんですね。

 

けれども、イスラエルの人々は、神様が指示したとおりにそうしたんですね。

 

それによって、神の怒りがイスラエルの民の家を過ぎ越して、エジプト人の家に入っていったんです。

 

これは言ってみれば、小羊の血によってイスラエルの民は救われたということです。

 

 

 

それと同じことが、過越祭のキリストにおいても起こりました。

 

過越祭に合わせて、キリストは十字架にかかってくださったんですね。

 

十字架の上でキリストは血を流した。

 

しかし、罪もないのにつけられたその十字架の上で、キリストは、自分を十字架につけた人間の罪がゆるされるようにと祈ってくださった。

 

私たちの罪はこの十字架でゆるされるんですね。

 

十字架のキリストの血によって、私たちの罪はゆるされるんですね。

 

そして、救い出されるわけです。

 

過越祭の時には、エジプトに支配されていたところから導き出されて自由にされました。

 

それと同じように、私たちが十字架を仰ぐとき、私たちは、罪に支配されていたところから救い出されるのです。

 

キリストが命がけで私たちを愛してくださった、その愛を生きるようにされるんです。

 

その意味で、過越祭と十字架は、タイミングが同じだけではなく、内容も重なっているんです。

 

 

 

ペンテコステもそうですよね。

 

これはもともとは、神の律法をいただいたことを記念するお祭りです。

 

律法というのは神の言葉ですね。

 

神の言葉をいただいた。

 

今回も、いただいたものがあります。

 

それが、聖霊なんですね。

 

神の霊です。

 

言葉ではなく、神の霊そのものをいただいたんです。

 

これによって、私たちは、ほんとうに神の言葉を生きていくことができるようにされるわけです。

 

 

 

聖霊が与えられるということは、イエス様が前もって知らせてくださっていたことでもありました。

 

1ページ戻っていただいて、使徒言行録の15節を見ますと、「あなたがたは間もなく、聖霊による洗礼を授けられる」というイエス様の約束が書かれています。

 

そして、18節には、「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける」と書かれています。

 

聖霊というのは力なんですね。

 

神様が与えてくださる力なんです。

 

ここに出てくる力という言葉は、ダイナマイトという言葉の元になった言葉です。

 

それくらいの大きな力、爆発的な力なんですね。

 

 

 

その聖霊が私たちにも与えられています。

 

洗礼を受けるときに、私たちに、神の霊が与えられるんですね。

 

私たちには、どんな力よりも強い力が宿っているんです。

 

ですから、宗教改革者のルターは、困難があったときには「私は洗礼を受けた。私は洗礼を受けた」と繰り返して自分に言い聞かせたんですね。

 

洗礼を受けて、聖霊を与えられるというのはそれくらいの出来事なんです。

 

それは、ルターのような、歴史に名前を残した人にとっても、とてつもなく大きなことだったんです。

 

 

 

ではその聖霊の力とはどのようなものなのでしょうか。

 

それが書かれているのが今日の個所です。

 

まず最初に、激しい風が吹いてくるような音が聞こえたんですね。

 

それも、その音は天から聞こえます。

 

そして、炎が現れるんですね。

 

これは、モーセが律法の石の板をいただいた場面を思い起こしますが、まさにダイナマイトが爆発したようなシーンです。

 

そして、不思議な出来事が起こります。

 

弟子たちがいろいろな国の言葉で話しはじめたと言うんですね。

 

そして、それが通りがかった人たちに通じているんです。

 

知らないはずの外国の言葉をいきなり話し出して、それが通じている。

 

これはいったいどういうことなんでしょうか。

 

聖書はこのことを通して、何を私たちに伝えようとしているんでしょうか。

 

 

 

まず、ここに出てくる言葉に注目したいのですが、「炎のような舌」が現れると、弟子たちはいろいろな国の言葉で話すようになったんですね。

 

この、「炎のような舌」です。

 

ここに出てくる「舌」という言葉は「言葉」とも「言語」とも訳すことができる言葉なんですね。

 

ですからこの炎は、ただの炎ではないんです。

 

この炎は言葉なんです。

 

言語なんです。

 

だから、弟子たちはいろいろな国の言葉で話しはじめた。

 

そしてそれが、ちゃんと通じるんです。

 

 

 

この、言葉が通じるということも大事です。

 

そもそも、人間がいろいろな言葉を話していることを、聖書はどのようにとらえていたでしょうか。

 

創世記11章のバベルの塔の出来事ですね。

 

バベルの塔の出来事までは、人間は同じ言葉を話していたんでした。

 

けれども、創世記11章で、人間は、天まで届く高い塔を立てようとします

 

これは、神さまに対する挑戦なんですね。

 

それに対する罰として、言葉がバラバラにされたんでした。

 

ですので、人間がいろいろな言葉で話すというのは、人間に対する罰だというのが聖書です。

 

もうひとつ申し上げると、このバベルの塔の出来事の直前に、人間から神の霊が取り去られています。

 

それも罰です。

 

人間が悪いことばかりを考えているから、神の霊が取り去られたんです。

 

そしてその後に、バベルの塔の出来事が起きてくるんですね。

 

 

 

そう考えますと、今日の個所の聖書のメッセージが分かってきますね。

 

神の霊が与えられて、言葉が通じるようになったというのは、神さまと人間の関係が回復したということです。

 

神様が人間に対して罰を与える、その前の、神様と人間の良い関係が回復したということです。

 

人が罪を犯すので神さまがそれを裁く、という関係ではなく、神さまと人が共に生きるという関係が回復したということです。

 

 

 

だからここで、弟子たちは何を語っていますか。

 

神の偉大な業を語ったんですね。

 

神との関係が回復すると、人間は、神の偉大な業を語り出すんですね。

 

それが人間本来の姿なんです。

 

聖書は、人間は皆罪びとであると語ります。

 

聖書でつかわれる罪という言葉は、「的外れ」という言葉です。

 

この世界のことを一番よくご存じで、一番よく私たちを治めてくださる神様のことを考えずに、自分のことを第一に考えてしまうという的外れ。

 

人間はみんなそうですね。

 

けれども、聖霊を受けるとき、人は、正しい方向に向き直るんですね。

 

それまでは背中を向けていた神様のほうに向き直るんですね。

 

そして、神の偉大な業を語り出す。

 

 

 

これは、簡単なことのように見えて、大変なことです。

 

まさにダイナマイトのような大きな力がここにあります。

 

今日の個所のすぐ後のところで、ペトロは人々に対して神の偉大な業を語りはじめますね。

 

これは当たり前のことではありません。

 

とてつもない出来事です。

 

そもそも、ペトロはどういう人だったでしょうか。

 

この人は以前、イエスさまと一緒にいられるなら死んでも構わないと言っていました。

 

そんな立派なことを言っていました。

 

ですが、イエスさまが逮捕されるとどうしましたか。

 

逃げ出してしまうんですね。

 

死んでも構わないと言っていたのに、自分のことを第一に考えて、逃げ出すんです。

 

その後で、周りの人たちからお前はイエスの弟子だろうと言われた時には、この人はどう答えましたか。

 

イエスなんて知らないと3度も繰り返して答えてしまうんですね。

 

これはイエスさまがペトロに前もって予告なさっていたことでした。

 

この時、ペトロはそのことを思い出して、外に出て激しく泣きました。

 

自分の力を信じて、立派なことを堂々と言っていたのに、完全に倒れてしまったのがペトロです。

 

 

 

けれども、イエス様はペトロをそのままにはしておかれないんですね。

 

罰を与えるのではありません。

 

見捨てるのでもありません。

 

力を与えるんですね。

 

その力は、人を180度作り変える力です。

 

自分の力のなさにまったく打ちのめされてしまった人でも、力にあふれて立ち上がるようにされるんですね。

 

これ以上はないような力です。

 

これほどの大きな変化を体験することがないような変化です。

 

ダイナマイトの爆発が起こるんです。

 

それが聖霊の力なんです。

 

 

 

私たちも、そのような力にあずかっています。

 

人を180度作り変える力です。

 

普段、この力を私たちが感じることは滅多にないかもしれません。

 

しかし、この力は間違いなく、私たちの中にあります。

 

私たちも、以前は、的外れだったじゃないですか。

 

私たちも、以前は、自分のことを第一に考えていたじゃないですか。

 

でも今はどうですか。

 

こうして、毎週日曜教会に通っているじゃないですか。

 

神の言葉に耳を傾けているじゃないですか。

 

私たちは、確かに、作り変えられたんですね。

 

もう、180度変えられているんです。

 

だからここにいるんです。

 

 

 

生きていく中で、辛いことはあります。

 

ペトロのように、激しく泣くこともあります。

 

もう立ち上がれないと思ってしまうこともあります。

 

半年前の私がそうでした。

 

もうここには戻れないと思っていました。

 

泣く気力もなかったんです。

 

でも、今はどうですか。

 

立ち上がって、声を張り上げて、神様の偉大な業を証しているんですね。

 

これは私の力じゃないんです。

 

これが聖霊の力なんです。

 

 

 

この力の働きを、どうぞ皆さんも求めてください。

 

必ず働いてくださいます。

 

そして、私たちを立ち上がらせてくださいます。

 

今日の御言葉は、私たちに、そのことを約束してくださっているんです。

 

 

 


 

お読みいただき、ありがとうございました。ボイス・ブログに入っていただき、聞くことができます。

 

教会は誰にでも開かれた場所ですので、いつでも気兼ねなくいらしてください。

 

個別のご質問やご相談にも対応いたしております。ホームページに記載の電話番号・メールアドレスに、ぜひご連絡をいただければと思います。

 

礼拝だけでなく、「ゴスペル・スクール」や「コンディショニング・ストレッチ」や各種の「聖書の学び会」もいたしておりますので、ご自由にご参加ください。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Elaina Schuch (木曜日, 02 2月 2017 21:33)


    This article presents clear idea designed for the new users of blogging, that genuinely how to do running a blog.