今週の説教「復活の主を伝える」(新約聖書・使徒言行録4章1節から22節)

 

使徒言行録41節から22

 

1ペトロとヨハネが民衆に話をしていると、祭司たち、神殿守衛長、サドカイ派の人々が近づいて来た。2二人が民衆に教え、イエスに起こった死者の中からの復活を宣べ伝えているので、彼らはいらだち、3二人を捕らえて翌日まで牢に入れた。既に日暮れだったからである。4しかし、二人の語った言葉を聞いて信じた人は多く、男の数が五千人ほどになった。

 

5次の日、議員、長老、律法学者たちがエルサレムに集まった。6大祭司アンナスとカイアファとヨハネとアレクサンドロと大祭司一族が集まった。7そして、使徒たちを真ん中に立たせて、「お前たちは何の権威によって、だれの名によってああいうことをしたのか」と尋問した。8そのとき、ペトロは聖霊に満たされて言った。「民の議員、また長老の方々、9今日わたしたちが取り調べを受けているのは、病人に対する善い行いと、その人が何によっていやされたかということについてであるならば、10あなたがたもイスラエルの民全体も知っていただきたい。この人が良くなって、皆さんの前に立っているのは、あなたがたが十字架につけて殺し、神が死者の中から復活させられたあのナザレの人、イエス・キリストの名によるものです。11この方こそ、

 

『あなたがた家を建てる者に捨てられたが、

 

隅の親石となった石』

 

です。12ほかのだれによっても、救いは得られません。わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです。」13議員や他の者たちは、ペトロとヨハネの大胆な態度を見、しかも二人が無学な普通の人であることを知って驚き、また、イエスと一緒にいた者であるということも分かった。14しかし、足をいやしていただいた人がそばに立っているのを見ては、ひと言も言い返せなかった。15そこで、二人に議場を去るように命じてから、相談して、16言った。「あの者たちをどうしたらよいだろう。彼らが行った目覚ましいしるしは、エルサレムに住むすべての人に知れ渡っており、それを否定することはできない。17しかし、このことがこれ以上民衆の間に広まらないように、今後あの名によってだれにも話すなと脅しておこう。」18そして、二人を呼び戻し、決してイエスの名によって話したり、教えたりしないようにと命令した。19しかし、ペトロとヨハネは答えた。「神に従わないであなたがたに従うことが、神の前に正しいかどうか、考えてください。20わたしたちは、見たことや聞いたことを話さないではいられないのです。」21議員や他の者たちは、二人を更に脅してから釈放した。皆の者がこの出来事について神を賛美していたので、民衆を恐れて、どう処罰してよいか分からなかったからである。22このしるしによっていやしていただいた人は、四十歳を過ぎていた。

 

 

 

 

 

教会は何を伝えるべきか。

 

ペトロとヨハネは逮捕された。

 

しかし、逮捕されたところでも伝えるべきことはある。

 

もうどうしようもないというところでも伝えるべきことはある。

 

 

 

そして、語った時に信じる人は多い。

 

「男の数が五千人」(4節)も、である。

 

教会は何を伝えることでそのように大きくなったのか。

 

それを語っているのが今日の箇所である。

 

逮捕されても、つまり、人間の目に希望が全く見えないところでも、堂々とキリストの復活を伝えたのである。

 

 

 

逮捕され、取り調べを受ける。

 

その場には、「議員、長老、律法学者たち」、「大祭司」と「大祭司の一族」が集まった。

 

彼らは、最高法院のメンバーである。

 

つまりは国会議員である。

 

彼らは問う。

 

「お前たちは何の権威によって、だれの名によってああいうことをしたのか」。

 

ペトロとヨハネが成した、いやしの業が何の力によるものなのか、と問われている。

 

しかし、この質問は何なのか。

 

逮捕したのは「神殿守衛長、サドカイ派」(2節)であった。

 

逮捕した理由は「死者の中からの復活を宣べ伝えている」からということであった。

 

サドカイ派は復活を信じない。

 

聖書を読んではいるが、解釈上、復活を信じない。

 

彼らは上流階級に属していた。

 

つまり、生きている中で、ある程度満足していたのである。

 

従って、「復活」の必要を感じない。

 

しかし、サドカイ派は国会では少数派である。

 

多数派は、ファリサイ派であった。

 

律法学者などである。

 

この人たちは復活を認めていた。

 

そこで、彼らは質問した。

 

「お前たちは何の権威によって、だれの名によってああいうことをしたのか」。

 

おかしな魔術ではないのか、ということである。

 

つまり、ここでは、逮捕された理由と、取り調べの内容が違ってしまっているのである。

 

 

 

しかし、ペトロは落ち着いている。

 

落ち着いて答える。

 

その落ち着きはどこから来るのか。

 

「聖霊に満たされて」(8節)いたからである。

 

神の霊、神ご自身が助けてくださるのである。

 

 

 

今までは弟子たちはイエスと共にいた。

 

しかし、イエスは天に昇って行かれた。

 

それは、神が弟子たちを見放したということではない。

 

弟子たちに聖霊が与えられる。

 

神ご自身が、弟子の内に宿るようになる。

 

弟子たちは神と共に働いていく。

 

教会の歩みを神は助けるのだ。

 

 

 

イエスの名によってだということをペトロは堂々と答える。

 

その上、復活についても自分から語る。

 

もしかするとこれは、自分の身を危うくすることである。

 

しかし、ペトロは、「見たことや聞いたことを話さないではいられない」(20節)。

 

そして、断言する。

 

「ほかのだれによっても、救いは得られません。わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです」。

 

救いはイエス・キリストだけにあると言い切っている。

 

しかし、その根拠はどこにあるのだろうか。

 

ペトロは他の宗教を研究したのだろうか。

 

そうではない。

 

ペトロは、自分自身の経験からの確信を語っているのである。

 

 

 

ペトロはイエスの一番弟子であると自負していた。

 

「あなたのためなら命も捨てます」と面と向かってイエスに言った。

 

しかし、イエスが逮捕されると逃げ出してしまうのだ。

 

その後、こっそりついていくが、あなたはイエスの弟子ではないのか、と問われ、「知らない」と3度も繰り返した。

 

その時、キリストは振り返ってペトロを見つめた。

 

ペトロは、「外に出て激しく泣いた」。

 

ペトロは、完全に倒れてしまった。

 

しかし今はどうか。

 

「無学な普通の人」(13節)がこんなにも堂々としている。

 

復活したキリストがペトロに出会ってくださった。

 

ペトロがキリストを見捨てても、キリストはペトロを見捨てなかった。

 

キリストがペトロを立ち上がらせてくださった。

 

キリストがペトロを復活させた。

 

キリストは倒れている人を立ち上がらせてくださる。

 

それがたとえ、ご自分を見捨てたような人間であっても。

 

 

 

それを伝えるのが教会である。

 

そうする時、教会は大きく成長する。

 

人々が立ち上がらされるということが起こってくるから。

 

生まれつき足の不自由な人が立ち上がらされた。

 

いやそれ以前にペトロ自身が立ち上がらされた。

 

倒れている人が復活させられるということが起こる。

 

実に、聖書の原文では、「復活」という言葉と「立ち上がる」という言葉は同じ言葉である。

 

人を復活させること。

 

それが教会の働きである。

 

そして、その働きはペトロの力によるのではない。

 

聖霊の力(8節)である。

 

 

 

ただ、立ち上がるとはどういうことか。

 

倒れているところから、立ち上がるということは起こる。

 

ペトロは一番弟子だと自負していた。

 

立派なことを言っていた。

 

リーダーとして振る舞って、「わたしが、わたしが」という人間だった。

 

その自分を打ち砕かれた。

 

それは、私たちにも必要なことである。

 

「わたしが」を捨てる。

 

「キリストが」を生きる。

 

それは、裏を返せば、自分に頼むことをやめるということである。

 

 

 

そのように生きる時、私たちには恐れがなくなる。

 

18節で、ペトロとヨハネは脅しを受ける。

 

キリストのことを語るなと言うことである。

 

しかし、それに対して堂々とこう答える。

 

「神に従わないであなたがたに従うことが、神の前に正しいかどうか、考えてください。わたしたちは、見たことや聞いたことを話さないではいられないのです」。

 

彼が語るのは自分の信念ではない。

 

「見たこと、聞いたこと」である。

 

私たちも、同じことを語る。

 

私は、復活のキリストが人を復活させるのを見た。

 

私自身、復活のキリストに立ち上がらせていただいた。

 

私の人生が復活させられた。

 

自分の力でではない。

 

聖霊の力によって。

 

 

 

自分にできるだろうか、と恐れる必要はない。

 

今日の場面も、ペトロとヨハネは、話そうとして出かけて行ったのではない。

 

不意に逮捕されて、取り調べを受けている中でのことである。

 

突然暗転したかのような場面である。

 

それでも、堂々と話をして、それも、自分からはっきりと、言わなくていいことまで話して、にもかかわらず無事に釈放されたのである。

 

これが神の約束である。

 

私があなたにおいて働く。

 

私があなたを守る。

 

私があなたを豊かに用いる。

 

私たちも、その約束の中にいる。