今週の説教「門をたたく者には開かれる」(新約聖書・マタイによる福音書7章7節から12節)

 

マタイによる福音書77節から12

 

7「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。8だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。9あなたがたのだれが、パンを欲しがる自分の子供に、石を与えるだろうか。10魚を欲しがるのに、蛇を与えるだろうか。11このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして、あなたがたの天の父は、求める者に良い物をくださるにちがいない。12だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。これこそ律法と預言者である。」

 

 

 

 

 

本当に、求めれば与えられるのか、探せば見つかるのか、門をたたけば開かれるのか。

 

求めれば何でも与えられたり、探せば何でも見つかったり、門をたたけば必ず開かれるというものではない、ということを私たちは知っている。

 

 

 

ただ、ここで注意したい言葉遣いがある。

 

「与えられる」、「開かれる」と言われているのである。

 

つまり、「手に入れる」、「開ける」ではない。

 

与えてくれる方がいる。

 

開けてくれる方がいる。

 

イエスはそのことを伝えようとしている。

 

そう考えると、探せば「見つかる」というのも、見させてくださる方がいるということになるだろう。

 

 

 

求めれば与えられるのか、探せば見つかるのか、門をたたけば開かれるのか。

 

人間の力ではいつもいつもそうなるものではない。

 

誰か他の人が私たちにそうしてくれるということもいつもいつもはありえない。

 

神に求めなさい、ということである。

 

求める相手を間違ってはいけないということである。

 

910節に、「あなたがたのだれが、パンを欲しがる自分の子供に、石を与えるだろうか。魚を欲しがるのに、蛇を与えるだろうか」とある。

 

子どもが親に求める場合でも、親は悪いものは与えないだろうと言う。

 

そして、11節で、「このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして、あなたがたの天の父は、求める者に良い物をくださるにちがいない」と言う。

 

神は必ず良いものを与えてくださる天の父だ。

 

だから、神に求めなさい。

 

人に求めてはならない。

 

人は悪い者である。

 

罪のある者である。

 

天の父に求めるなら、間違いない。

 

 

 

この話の中では、私たちと神との関係が親子の関係と並べて書かれている。

 

神は私たちにとって完全な親のような方なのである。

 

人間の親は不完全である。

 

時として、「パンを欲しがる自分の子供に、石を与える」ということがある。

 

私は、赤ちゃんがミルクを欲しがった時、指をくわえさせたことがあった。

 

赤ちゃんは一生懸命指を吸った。

 

これは、「パンを欲しがる自分の子供に、石を与える」ようなことであろう。

 

 

 

また、「パンを欲しがる自分の子供に、パンを与えるつもりで、石を与える」ということもあるだろう。

 

親が子どもに対して、小さい時からものすごい受験勉強をさせるようなことがあるが、親としては、子どものためを思ってそうしているのだろう。

 

しかし、本当に子どものためになっているだろうか。

 

時に、痛ましい事件が起こる。

 

それほどでなくても、傷ついている子どもは多いのではないか。

 

しかし、人間の親がそのようであったとしても、神は完全な親のような存在なのだとイエスは言う。

 

 

 

父なる神が私たちに良いものを与えてくださるから、求める者は与えられ、探す者は見つけ、門をたたく者は開けてもらえる。

 

だとすると、私たちがそこで与えられるもの、見出すもの、開けてもらえる門とは、神が私たちに与えてくださる良いものだということになる。

 

神が私たちに与えたいと思っておられるものを、私たちは受け取るのである。

 

これは、私たちが自分の欲しいものを何でも手に入れることができる、ということではない。

 

イエスが教えているのは、自分の欲望が実現することを願うことではない。

 

イエスが教えているのは、完全な父である神に求めることである。

 

そして、神に求めながら、与えられる色々なものを、すべて、神が与えてくださった良いものだと信じて良いのだということである。

 

それを信じて良いのだ。

 

私たちは、時として、求めたものと違うものが与えられることがある。

 

しかし、それも、神が与えてくださった良いものであると信じて良い、とイエスは言うのである。

 

神の子イエスが、父はそういう方だと言うのである。

 

ヨハネによる福音書316節には、「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された」とある。

 

独り子を与えるとは、十字架で命まで投げ出してくださるということである。

 

そのような天の父だからこそ、私たちは、父が良いものを与えてくださっていると信じて良い。

 

それをもっと信じて、もっと求めなさいとイエスは言っているのだ。

 

 

 

しかし、完全な父に、そんなに一生懸命求めなければいけないのだろうか。

 

イエスは神について、こう言っていた。

 

68節に、「あなたがたの父は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存じなのだ」と言われている。

 

だとしたら、求めなくてもいいはずではないか。

 

しかし、求めなさいと言っているのである。

 

神は完全であるが、私たちは、まだまだ完全には神を信じていないからであろう。

 

だから、とにかく神様に求めなさい、祈りなさい、そうすれば、神が完全な父であることが分かる。

 

神が完全な父なんだと、もっと信じて良い。

 

神は神の子であるイエスにとってだけ父なのではなく、あなたの父でもあるのだ。

 

イエスは力を込めてそのことを語っている。

 

 

 

最後の12節に、「だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。これこそ律法と預言者である」とある。

 

「律法と預言者」とは聖書である。

 

イエスはここまで、聖書が本当に言っていることをずっと教えてこられた。

 

愛することや、祈りについて、など。

 

時には、あなたがたはこういうふうに聞いているだろう、しかし、聖書の本当の教えはこういうことなのだ、という言い方をして、神の言葉を教えてきた。

 

その、聖書が本当に言っていることを一言で言うと、人にしてもらいたいことを人にしなさい、ということなのだと言う。

 

「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」。

 

この言葉は深い。

 

私たちが人に何かをしてもらいたいと思うこととは、自分でできないことである。

 

自分でできなくて、困っていることである。

 

この私が困っているのだ。

 

でも、それを、人に対してしなさいと言われているのである。

 

困っている人を助けなさい、ではない。

 

あなたが困っているようなことで、人を助けなさいということなのである。

 

人に何かをしてもらった時、お返しとして人にしてあげる、ということではない。

 

人にしてもらえなかったとしても、人にしていくように、ということなのだ。

 

自分中心ではなく、人中心なのである。

 

 

 

なぜそのようなことを言うのか。

 

人中心というのは、神の私たちに対する向かい合い方であると言える。

 

そしてこれは、私たちにとっては、神と共に生きているからこそ、できる生き方である。

 

世の人にこんなことを言ったら、なんでそんなことをしなければならないのか、と言うに決まっている。

 

しかし、あなたならできる、とイエスは言う。

 

あなたは神を知っている。

 

神はあなたのことをどれだけ愛しておられるか。

 

私たちがたとえ神を憎んだとしても、神は変わらずあなたを愛している。

 

それが天の父である。

 

だから、「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」。

 

それは、私たちが神と重なることである。

 

神の愛がこの私たちにあふれることなのである。