今週の説教「何をすべきか」(新約聖書・マタイによる福音書7章15節から23節)

 

新約聖書・マタイによる福音書715節から23

 

15「偽預言者を警戒しなさい。彼らは羊の皮を身にまとってあなたがたのところに来るが、その内側は貪欲な狼である。16あなたがたは、その実で彼らを見分ける。茨からぶどうが、あざみからいちじくが採れるだろうか。17すべて良い木は良い実を結び、悪い木は悪い実を結ぶ。18良い木が悪い実を結ぶことはなく、また、悪い木が良い実を結ぶこともできない。19良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。20このように、あなたがたはその実で彼らを見分ける。」

 

21「わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るわけではない。わたしの天の父の御心を行う者だけが入るのである。22かの日には、大勢の者がわたしに、『主よ、主よ、わたしたちは御名によって預言し、御名によって悪霊を追い出し、御名によって奇跡をいろいろ行ったではありませんか』と言うであろう。23そのとき、わたしはきっぱりとこう言おう。『あなたたちのことは全然知らない。不法を働く者ども、わたしから離れ去れ。』」

 

 

 

 

 

「偽預言者を警戒しなさい」……。

 

「預言者」とは、神様から預かった言葉を伝える人。

 

その「預言者」に、何と偽物がいる。

 

神様の御心を語っているようでいて、本当は間違っている人がいる。

 

たまたま間違ってしまったということではない。

 

たまたま間違えることなら誰にでもあるが、「彼らは羊の皮を身にまとってあなたがたのところに来るが、その内側は貪欲な狼である」ということなのである。

 

狼が羊の皮をかぶって、自分を偽って、やって来るのである。

 

彼らは、「貪欲」である。

 

自分の利益だけを求める。

 

神様の話をしているけれども、実際のところ、自分の利益になることだけを考えている。

 

そういう人が、私たちのところに来ることがあるというのである。

 

私も羊ですよ、クリスチャンですよ、一緒に神様の道を歩きましょう……。

 

 

 

外から見たら私たちと同じような羊にしか見えない。

 

そして、偽預言者ということだから、ちょっと話を聞いただけでは分からないくらい、預言者のように、信仰の話をする。

 

しかし、心の中では自分の利益しか考えていない。

 

その場合、私たちは相手の心の中を見抜けるだろうか。

 

 

 

ただ、イエス様が言うには、それを見分けるのは難しくない。

 

「あなたがたは、その実で彼らを見分ける」。

 

その人が良い実を結んでいるかどうかで分かる。

 

その人の出した結果で分かる。

 

実を結ぶ、ということだから、ぶどうの木がぶどうの実を結ぶのに時間がかかるように、すぐには分からない。

 

でも、いつか、その人のやっていることの結果が出てくる。

 

その結果で判断できる。

 

最初は分からない。

 

見ても分からない。

 

話を聞いても分からない。

 

でも、しばらくすると、良い結果が現れてくるか、悪い結果が現れてくるか、目で見てはっきり分かるようになる。

 

 

 

ただ、そうなると、私たちは、自分はどうなんだろうか、という気持ちになる。

 

もしかしたら自分は、羊の皮をかぶった狼で、悪い実を結んでいるかもしれないと思ってしまう。

 

それは、自分でも分からないことである、とイエス様は言う。

 

自分が良い実を結んでいると思っていても、天の国に入れない場合があるというのである。

 

今日の話の後半の21節から23節はそういう話である。

 

イエス様のことを主だと言っている人がみんな天の国に入れるわけではない。

 

自分ではイエス様のことを「主よ、主よ」と呼んでいても、イエス様から、「わたしから離れ去れ」と言われてしまう人もいるというのである。

 

「主」という言葉は原文では「主人」という言葉だが、イエス様を自分の人生の主人にしているつもりでも、それだけではなくて、実際にイエス様のために働いてきた人でも、「わたしから離れ去れ」と言われてしまうことがあるというのである。

 

22節でこの人々は、「わたしたちは御名によって預言し、御名によって悪霊を追い出し、御名によって奇跡をいろいろ行ったではありませんか」と言っている。

 

しかし、神様の働きをそれくらいやっても、無意味なのである。

 

それは、天の国に入れる条件ではない。

 

こうなるともう、誰がそう言われてもおかしくない。

 

私たちは自分では気づいていないけれども、イエス様から見ると「羊の皮をかぶった狼」なのかもしれない。

 

 

 

では、良い実を結ぶ、とは何なのか。

 

どうなったら、良い結果なのか。

 

神様の言葉を語るということではない。

 

神様の力を現すということでもない。

 

もちろんそれは良いことだけれども、それで天の国に入れるわけではない。

 

 

 

イエス様は21節で、天の国に入れるのは、「天の父の御心を行う者だけ」だと言っている。

 

「行い」が大事なのか。

 

「行う」という言葉と、実を「結ぶ」という言葉は同じ言葉である。

 

私たちは、何を実らせれば良いのだろうか。

 

実らせるべき、天の父の御心とは何であろうか。

 

 

 

実は今まで、イエス様はずっとそのことを話してきた。

 

神様はあなたの父だ。

 

だから、もっと祈りなさい。

 

もっと信頼しなさい。

 

良い行いは、人の前でするのではなくて、神様に見てもらいなさい。

 

そういうことを言ってきた。

 

要するに、父の御心というのは、私たちが、神様の子どもになることである。

 

自分が神様の子どもであるということを、自分のアイデンティティーにすること。

 

何をするにしても、自分が神様の子どもだという気持ちですること。

 

そうなってこそ、天の父の御心が私たちの中で実を結んだと言える。

 

 

 

そう考えると、神様の大きな働きをした人が、「わたしから離れ去れ」と言われてしまうのも分かる。

 

この人たちは言う。

 

「主よ、主よ、わたしたちは御名によって預言し、御名によって悪霊を追い出し、御名によって奇跡をいろいろ行ったではありませんか」。

 

この人たちは大きな働きをした。

 

しかし、それをイエス様に対して言うとはどういうことか。

 

神様の働きをしたのに、それを、自分の働きにしてしまっている。

 

神様の働きをするのは素晴らしいこと。

 

ただそれも、自分が神様の子どもだという気持ちで行うべきことである。

 

神様はご自分の子どもに対して、良い働きをしたら天の国に入れる、そうでなかったら入れないということはない。

 

それでは父ではない。

 

父と子とはどういうことか。

 

子どもが良い行いをしても、そうでなくても、子ども。

 

神様にとって私たちは、私たちが何をしていても神様の子どもである。

 

そして大事なことは、神様は私たちに対して、父と呼んでもらいたいと願っておられるのである。

 

それが、天の父の御心が良い実を結ぶということである。

 

 

 

私たちは、自分の働き、自分の結果、自分の実りという考えを捨てて、神様の子どもになっていく。

 

「自分が、自分が」という思いがありながら、神様の子どもということはない。

 

「自分が」というのを捨てて、神様の子どもになる。

 

そうなってこそ、私たちは人の目を気にしなくなる。

 

ただ神様を見上げるようになる。

 

自分を愛するより先に、神様を愛する。

 

それが神様の子どもである。

 

 

 

そうなるように、とイエス様は今日、かなり厳しい言い方をした。

 

それは、どれだけ神様が私たちを愛しているか、ということ。

 

どれだけ神様が私たちを抱き上げて、祝福したいかということ。

 

今までの話も、それは同じ。

 

 

 

私たちは、誰かの親だったりする。

 

誰かの上司だったり部下だったりする。

 

でも神様は、私たちに、何よりもまず神様の子どもであってほしい。

 

 

 

私たちが神様の子どもとして本物になるためには、時間がかかるかもしれない。

 

実を結ぶという話があったが、実を結ぶには時間がかかる。

 

時間がかかってもいい。

 

神さんは私たちを待っていてくださっている。

 

祈りながら、賛美しながら、神様の子どもになっていきたい。