今週の説教「心を一つに」(新約聖書・使徒言行録章4章32節から5章11節)

「心を一つに」

 

新約聖書・使徒言行録章432節から511節に基づく説教

 

32信じた人々の群れは心も思いも一つにし、一人として持ち物を自分のものだと言う者はなく、すべてを共有していた。33使徒たちは、大いなる力をもって主イエスの復活を証しし、皆、人々から非常に好意を持たれていた。34信者の中には、一人も貧しい人がいなかった。土地や家を持っている人が皆、それを売っては代金を持ち寄り、35使徒たちの足もとに置き、その金は必要に応じて、おのおのに分配されたからである。36たとえば、レビ族の人で、使徒たちからバルナバ――「慰めの子」という意味――と呼ばれていた、キプロス島生まれのヨセフも、37持っていた畑を売り、その代金を持って来て使徒たちの足もとに置いた。

 

1ところが、アナニアという男は、妻のサフィラと相談して土地を売り、2妻も承知のうえで、代金をごまかし、その一部を持って来て使徒たちの足もとに置いた。3すると、ペトロは言った。「アナニア、なぜ、あなたはサタンに心を奪われ、聖霊を欺いて、土地の代金をごまかしたのか。4売らないでおけば、あなたのものだったし、また、売っても、その代金は自分の思いどおりになったのではないか。どうして、こんなことをする気になったのか。あなたは人間を欺いたのではなく、神を欺いたのだ。」5この言葉を聞くと、アナニアは倒れて息が絶えた。そのことを耳にした人々は皆、非常に恐れた。6若者たちが立ち上がって死体を包み、運び出して葬った。7それから三時間ほどたって、アナニアの妻がこの出来事を知らずに入って来た。8ペトロは彼女に話しかけた。「あなたたちは、あの土地をこれこれの値段で売ったのか。言いなさい。」彼女は、「はい、その値段です」と言った。9ペトロは言った。「二人で示し合わせて、主の霊を試すとは、何としたことか。見なさい。あなたの夫を葬りに行った人たちが、もう入り口まで来ている。今度はあなたを担ぎ出すだろう。」10すると、彼女はたちまちペトロの足もとに倒れ、息が絶えた。青年たちは入って来て、彼女の死んでいるのを見ると、運び出し、夫のそばに葬った。11教会全体とこれを聞いた人は皆、非常に恐れた。

 

 

 

 

 

教会という場所

 

教会がどんな様子だったか。

 

心も思いも一つにしていた。

 

助け合って生きていた。

 

 

 

言葉と行い

 

しかしここに、不思議な1節がある。

 

33節だけは、教会がどんな様子だったかという話ではなく、教会がどんな話をしていたか、ということが書かれている。

 

教会がしている話というのがこういう話だから、教会はこういうことをしているのだ、ということである。

 

言葉と行いがつながっているということである。

 

 

 

復活・十字架・人の罪

 

何の話をしていたかというと、イエスの復活について。

 

これは、単に復活したことを伝えていっただけではないだろう。

 

復活したということは一度死んだということである。

 

イエスは十字架で命を落とした。

 

では、どうして十字架にかけられることになったのか。

 

人の罪がイエスを十字架に付けたと聖書は言う。

 

「あいつがいたら自分の立場がない」と思っているリーダーたちがいた。

 

リーダーたちに操られる多くの人たちがいた。

 

これは、いつの時代でも同じである。

 

リーダーにとっては自分の立場が一番大事であり、多くの人たちがリーダーに操られている。

 

この世の罪の現実である。

 

この世では、いろいろな立場を通して、こういうパワーゲームのようなことが行われている。

 

 

 

新しい生き方へ

 

使徒言行録2章の、一番最初の教会のメッセージは、人の罪が神の子を十字架に付けたけれども、神の子は復活したということであった。

 

だから、そのメッセージの最後に言われていることは、悔い改めて罪をゆるしていただきなさいという話になる。

 

それによって、人間が新しくされるのである。

 

では、ここで言う罪とは何か。

 

自分の立場が一番大事で、そのためには人を操ろうとすること。

 

それを悔い改めるとはどういうことか。

 

自分中心でなくなるということ。

 

そうなると、どういう生き方になるか。

 

それが今日描かれている、助け合って生きるということなのである。

 

 

 

復活は私たちのため

 

私たちが何を語るのかということはとても大切なことである。

 

私たちが何を語っているか、ということは、どのように生きているかということにつながっていくものである。

 

私たちも復活を語りたい。

 

聖書の中に深い話良い話はいくらでもある。

 

しかし、深い話良い話は聞こうと思えば他でも聞ける。

 

復活は聖書だけ。

 

そして、イエスの復活は、ただイエスが復活したという話ではなくて、私たちはその話を聞くと、自分の罪やこの世の罪に気づいて、悔い改めて新しくされる。

 

復活は私たちのための話なのである。

 

 

 

世の人から見て

 

そして、神の与える新しい生き方は、世の中の人たちから見ても良いものと映る。

 

33節に「皆、人々から非常に好意を持たれていた」とある。

 

この世の中は自分中心の生き方で成り立っているけれども、そして、多くの人はそれに慣れてしまっていて、あきらめているかもしれないけれども、それが良いことだとはやっぱり思っていないのである。

 

だから、自分中心でない生き方を見つけると、素晴らしいと思える。

 

だったらなおさら、私たちも新しい生き方をしていきたい。

 

それが、本当のところ心の底で私たちがそのように生きたいと思っている生き方なのである。

 

 

 

自然に助け合う

 

心も思いも一つにして、助け合って生きる。

 

これは何も、助け合って生きることが目的というわけではなかっただろう。

 

心も思いも一つにしているから、自然と助け合うようになる。

 

大事なのは、心を一つにすること。

 

悔い改めて、罪をゆるしていただいたのが私たちである。

 

だとしたら私たちは、自分の立場を考えないで済む。

 

自分とは何か。

 

ゆるされた罪人である。

 

だとしたら私たちは、人を自分の都合のいいようにコントロールしようなどとは考えない。

 

自然に助け合うことができる。

 

 

 

強制ではなく

 

今日の聖書の言葉を読むと、みんなが一斉に自分のものを全部売って、全部ささげたようにも見えるが、そうではないだろう。

 

36節でバルナバという人が実際にそういうことをしたと名前まで書かれているが、名前まで書かれているということは、そういうことをする人がたくさんはいなかったからである。

 

たいていの人は、困っている人がいると、その時に、自分の持ち物を売って、人を助けていたのだろう。

 

とにかく、ささげるということは強制ではなかった。

 

心が一つになっているから、自然に助け合えるのである。

 

 

 

教会の中にも罪がある

 

しかしここで、アナニアとサフィラという夫婦が登場する。

 

この夫婦もバルナバと同じように、自分の土地を売ってお金をささげた。

 

それは素晴らしいことである。

 

けれども、嘘をついた。

 

土地を売って、一部を確かに教会にささげたけれども、全部をささげたわけではない。

 

別にそれでいい。

 

強制ではないから。

 

4節でペトロ「売らないでおけば、あなたのものだったし、また、売っても、その代金は自分の思いどおりになったのではないか」。

 

一部だけをささげたというのは悪いことではない。

 

一部なのに全部だと言って嘘をついた。

 

これは重い罪になる。

 

4節でペトロは「神を欺いた」と言っている。

 

この夫婦は、その場で死んだ。

 

 

 

特別に重い罪

 

あまりにも厳しい裁きである。

 

しかし、実際にこれはものすごく重い罪だと言える。

 

そもそも、この夫婦はどうしてこんな嘘をついたのか。

 

ある意味、バルナバと同じことをしようとした訳だが、バルナバは、良いことをしたということで、こうやって聖書に名前が残った。

 

当然、同じ時代の人たちはバルナバをほめただろう。

 

アナニアとサフィラの夫婦は、自分たちもバルナバと同じようにほめられたかったのではないか。

 

ほめられることが目的なのである。

 

助け合うことが目的ではない。

 

ささげるのは自分のため。

 

だから、一部はささげても、全部はささげないで、嘘をつく。

 

これは特別に重い罪になると言える。

 

一部をささげたのに、全部ささげたと言う。

 

自分がほめられたいから。

 

これは、自分を第一にしていると言える。

 

そして、だまして人を操ろうとしたとも言える。

 

人間というのはそういうものである。

 

世の中ではそれが普通であろう。

 

多かれ少なかれ皆そうである。

 

しかし、その罪がイエスを十字架に付けたと聖書は言うのである。

 

そこのところを悔い改めて、罪をゆるしていただいたのがクリスチャンなのだ。

 

私たちは、ゆるされた罪人である。

 

私たちはどこまで行ってもそうなのである。

 

だとしたら、自分がほめられたいというのはおかしい。

 

この夫婦は悔い改めていなかったのである。

 

教会の人たちは、ゆるされた罪人というところで心を一つにしていたのに、教会の心と正反対の心を持っていた。

 

もし本当にそんなことになったら教会とは何なのか、という話になる。

 

しかし、神はそれをさせない。

 

教会が教会でなくなるようなことはさせないのである。

 

 

 

神は教会を守る

 

このように、罪に対してすぐにその場で裁きが下る場面というのは、聖書の中にほとんどない。

 

逆に言って、神が、どれだけ教会が教会であることを大事にしておられるかということである。

 

神は教会に対して本気なのだ。

 

神が本気で教会を守ったのである。

 

その、本気の思いが、私たちにも及んでいる。

 

私たちは、神の本気である十字架で救われ、神の元に取り戻された。

 

私たちが、その神の御心にあって心を一つにする時、この世の人たちがしたくてもできないようなこと、そうしたくてもあきらめているようなことを、自然に行うことができるようになっていく。

 

今日の御言葉は私たちにもそうすることができると教えているのである。