今週の説教「人をいやすとは何をすることか」(新約聖書・マタイによる福音書8章14節から17節)

「人をいやすとは何をすることか」

 

マタイによる福音書814節から17

 

14イエスはペトロの家に行き、そのしゅうとめが熱を出して寝込んでいるのを御覧になった。15イエスがその手に触れられると、熱は去り、しゅうとめは起き上がってイエスをもてなした。16夕方になると、人々は悪霊に取りつかれた者を大勢連れて来た。イエスは言葉で悪霊を追い出し、病人を皆いやされた。17それは、預言者イザヤを通して言われていたことが実現するためであった。「彼はわたしたちの患いを負い、わたしたちの病を担った。」

 

 

 

 

 

「しゅうとめ」とは、妻の母のこと。

 

ペトロは結婚していた。

 

そして、しゅうとめはペトロの家に住んでいた。

 

しゅうとめとの関係も悪くはなかったということだろう。

 

そのしゅうとめの熱をイエスはいやした。

 

手に触れると、熱が下がった。

 

 

 

イエスは苦しんでいる人のところにいらしてくださる。

 

今回は、ペトロの家で。

 

弟子のペトロの家だから、イエスは中に入った。

 

ペトロがイエスを家に呼んだのだろう。

 

 

 

自分からイエスのところに行ける人もいれば、自分では行けない人もいる。

 

イエスを呼ぶことの大切さである。

 

私たちは、イエスを呼べる。

 

私たちも、イエスを呼びたい。

 

呼んでいい。

 

今日、私の家に来てください。

 

その時、イエスは働いてくださる。

 

 

 

「しゅうとめは起き上がってイエスをもてなした」。

 

働いてくださったイエスにもてなしをした。

 

「もてなす」という言葉は、原文では、「奉仕する、仕える」という言葉である。

 

これがイエスと私たちの関係である。

 

イエスは私たちのために働いてくださる。

 

私たちはそのイエスに奉仕する。

 

 

 

では、イエスに仕えるとは何をすることか。

 

ペトロのしゅうとめにとっては、食事とベッドの準備であっただろう。

 

食事とベッドの準備があれば、イエスは次の日も力いっぱい働くことができる。

 

つまり、「仕える」とは、イエスが働きやすいようにすることである。

 

イエスの働きは苦しみを取り除く働きである。

 

私たちもその働きに仕える。

 

日常の中にそのような機会はたくさんある。

 

私たちが誰かのために食事を準備する時、買い物に行く時、料理を作る時、ベッドを準備する時、部屋を片付ける時、シーツを洗濯する時、私たちはイエスに仕えているのかもしれない。

 

私たちのその働きがなかったら、その人は食事ができない。

 

休むこともできない。

 

それは苦しみである。

 

そして、イエスの働きは苦しみを取り除く働きである。

 

イエスはそのような人を放っておかない。

 

 

 

「夕方になると、人々は悪霊に取りつかれた者を大勢連れて来た」。

 

夕方になる頃には、イエスがペトロの家にいるということが町の人々に知られた。

 

「悪霊に取りつかれた者」とは、「病気の人」のこと。

 

病気は悪霊の働きだと考えられていた。

 

そのような人たちを「連れて来た」。

 

自分では歩けないくらいの病気が重い人たちだったのかもしれない。

 

自分ではイエスの所に行こうとしない人たちだったかもしれない。

 

ペトロはイエスを自分の家に呼んだのだが、この人たちは連れて来た。

 

 

 

ペトロの場合、ペトロにはイエスに対する信仰がある。

 

しかし、しゅうとめに信仰があったかどうかは分からない。

 

それでもいやされる。

 

イエスは働いてくださる。

 

この場合も、連れて来た人には信仰があると言える。

 

しかし、連れて来られた人たちに信仰があったかどうかは分からない。

 

それでもいやされる。

 

イエスは苦しむ人を放っておかない。

 

だとしたら、イエスに仕えるとは、私たちも苦しむ人を放っておかないということであろう。

 

私たちには何もかもはできない。

 

しかし、何かはきっとできる。

 

ペトロも、病気の人を連れてきた人たちも、できることをやっただけである。

 

できることだけでいい。

 

できることをやったところで、病人が「皆」いやされるということになった。

 

 

 

私たちも、誰かが私の所にイエスを呼んできてくれたかもしれない。

 

誰かが私をイエスの所に連れて行ってくれたかもしれない。

 

そして、今はイエスが私と共にいてくださる。

 

だから私たちはこうして教会に来る。

 

そして、イエスに仕える。

 

それは、苦しんでいる人を教会に呼ぶこと。

 

また、その人のために祈ること。

 

あるいは、何も言わずに食事の準備をすること。

 

 

 

ペトロのしゅうとめをいやした時は、手を触れた。

 

たくさん人が来た時は、言葉でいやした。

 

それはどのような言葉だったか。

 

イエスのいやしは、旧約聖書のイザヤ書の言葉の実現であると聖書は言う。

 

「彼はわたしたちの患いを負い、わたしたちの病を担った」。

 

イエスが私たちの苦しみを背負ってくださる。

 

イエスが私たち代わりに病気になったわけではない。

 

イエスは人々の病気をいやした。

 

しかし、そのことが、イエスが私たちの苦しみを背負ってくださったのだと言われている。

 

相手の苦しみを理解して、だから、いやしてくださったのである。

 

 

 

私たちの苦しみは、理解されることが少ない。

 

人間は結局、自分で経験したことしか分からない。

 

もし、熱が出て苦しんだことが一度もない人がいたとしたら、その人には、熱の苦しみは分からない。

 

けれども、イエスは、私たちの苦しみを理解してくださる方なのだ。

 

これは感謝なことである。

 

私たちは、自分の喜びが理解されなくても平気である。

 

しかし、苦しみが理解されないと悲しい。

 

そして、苦しみは理解されないことが多い。

 

そもそも、苦しみの話を聞くのを嫌がる人も多い。

 

私たちが本当に理解してもらいたいのは、私たちの苦しみなのだ。

 

 

 

私たちはもっと、自分の苦しみをイエスに伝えていい。

 

苦しみを理解してくださる方だから、イエスは家に呼んだら家に来てくださるのだし、たくさんの人が来ても、いやしてくださるのだ。

 

それが、もう「夕方」であったとしても、一日の終わりであったとしても、いつでもどこでも、私たちは遠慮せずにイエスに訴えていい。

 

 

 

イエスがそのような方だからこそ、私たちは人をイエスの所に連れて行く。

 

その人の所に言っていただけるようにイエスに祈る。

 

また、私たちにもできる何かを探す。

 

それは、食事の準備かもしれない。

 

ベッドの準備かもしれない。

 

できることをする。

 

できることだけで良い。

 

毎日していることをするだけでも良いのだ。

 

そこに、イエスが働いてくださる。

 

 

 

そうするとしゅうとめが起き上がる。

 

「起き上がる」という言葉は、原文では、「復活する」という言葉である。

 

人が苦しみの中にあることを神は望まない。

 

神の望みは、人が「起き上がって」、喜んでイエスに仕えることである。