今週の説教「収穫のために」(新約聖書・マタイによる福音書9章36節から10章4節に基づくメッセージ)

 

36また、群衆が飼い主のいない羊のように弱り果て、打ちひしがれているのを見て、深く憐れまれた。37そこで、弟子たちに言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。38だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。」

 

1イエスは十二人の弟子を呼び寄せ、汚れた霊に対する権能をお授けになった。汚れた霊を追い出し、あらゆる病気や患いをいやすためであった。2十二使徒の名は次のとおりである。まずペトロと呼ばれるシモンとその兄弟アンデレ、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネ、3フィリポとバルトロマイ、トマスと徴税人のマタイ、アルファイの子ヤコブとタダイ、4熱心党のシモン、それにイエスを裏切ったイスカリオテのユダである。

 

 

 

 

 

人々は「飼い主のいない羊」のようであった。

 

「飼い主のいない羊」は生きていくことができない。

 

それを見たイエスは「深く憐れまれた」。

 

「憐れむ」という言葉は、聖書では、神が人を憐れむということでつかわれる言葉である。

 

そして、聖書では、神が飼い主で神に従う人々のことが羊であるとされる。

 

イエスは、羊である人々の飼い主として、人々のことを憐れんだ。

 

それは、高い所から見下ろしてかわいそうだなと思ったということではない。

 

「憐れむ」という言葉は「内臓」という言葉が元になっている。

 

イエスにとっては人々の苦しみが自分の苦しみなのである。

 

 

 

イエスが今の時代をご覧になられても、同じように思うのではないか。

 

「群衆が飼い主のいない羊のように弱り果て、打ちひしがれている」。

 

羊が自分では生きていけないように、人間も一人では生きていくことができない。

 

人間は自分が他の生き物よりも強いと思っているが、たった一人取り残されてしまったら、人間らしく生きることはできない。

 

むしろ、人間は一人で生きていくことを求めない。

 

人が集まって、言葉でやり取りをして、心を通わせて、集団で生きている。

 

人間は群れで生きる生き物。

 

だから、その群れが何によって導かれているのかはとても大切なこと。

 

しかし、今の時代は10年後にどうなっているのかも分からない時代。

 

何に導かれているのか分からない時代。

 

別に神でなくても、他の時代の人たちでも、今の時代の人たちを見たら、「弱り果て、打ちひしがれている」と言うだろう。

 

 

 

そのような時、イエスはなにをなさるか。

 

弟子たちに言った。

 

「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい」。

 

「収穫」とは何か。

 

値打ちのあるものを集めること。

 

どこに集めるのか。

 

神の元に。

 

そうして、神にその人たちの羊飼いになっていただく。

 

 

 

ただ、そうなるためには働き手が必要になる。

 

働き手が多くなるほど、集められる人は増える。

 

そのためにイエスは十二人の弟子を呼んだ。

 

私たちもイエスの弟子だが、弟子というのは、「収穫のための働き手」。

 

そしてそれは、自分の力で働けということではない。

 

イエスは十二人の弟子に「汚れた霊に対する権能をお授けになった」。

 

「弱り果て、打ちひしがれている」状態は、イエスとしては、「汚れた霊」に支配されている状態。

 

「あらゆる病気や患いをいやす」とあるが、「弱り果て、打ちひしがれている」のは、私たちはこういう世の中だから仕方がないと思っていたとしても、イエスとしては、「病気」の状態。

 

その状態を直す権能が与えられる。

 

「汚れた霊に対する権能」と言われていることから分かるように、神の権能が与えられるということ。

 

神の力が働く。

 

そして、派遣される。

 

 

 

「収穫のための働き手」は自分から手を挙げて自分でなるのではない。

 

イエスから任命される。

 

そして、人間の力で働くのではない。

 

神の力がその人に働く。

 

そして、派遣される。

 

イエスによって。

 

「収穫のための働き手」ということにおいて、人間のものは何もない。

 

すべて、イエスの働き。

 

私たちもイエスの弟子として、そのような働きへと召されている。

 

そして、その「収穫は多い」ということが約束されている。

 

神様の元に招かれている人は私たちの周りにたくさんいる。

 

その人のところに、私たちは遣わされていく。

 

 

 

102節で弟子たちのことが「使徒」と呼ばれているが、「使徒」とは原文では「遣わされた者」という言葉。

 

ただ、その十二人は特別な人たちだったわけではない。

 

十二人の中には聖書の専門家は一人もいない。

 

それでよい。

 

神の力が働くから。

 

ペトロとアンデレ、ヤコブとヨハネは漁師。

 

マタイは徴税人。

 

神の民イスラエルを支配しているローマ帝国のために働いている人。

 

そんな人も選んだ。

 

熱心党というのは過激派。

 

ローマ帝国の支配を打ち倒すためにテロを行っていた人。

 

そんな人も選んだ。

 

熱心党のシモンと徴税人マタイは人間的には絶対に仲良くできなかった人たち。

 

神の力は人間の思いを超えて働く。

 

そして、ユダ。

 

ユダを選ぶということは、十字架の死を受け入れるということ。

 

イエスは、ご自分の命よりも、「弱り果て、打ちひしがれている」人を助けることを大事にしておられる。

 

ご自分が命を失っても、人に命を与えたい。

 

この中に「弱り果て、打ちひしがれている」人がいたら、イエスに心を向けてほしい。

 

また、私たちは皆、「弱り果て、打ちひしがれている」人のために神の力をいただいて、ここから遣わされていく。

 

多くの人が、何に従えば良いのか分からなくて、自分を養ってくれるものも持たなくて、「弱り果て、打ちひしがれている」。

 

私たちはその人たちのところに遣わされる。

 

何をすればよいのかは考えなくて良い。

 

イエスが私たち遣わす時は、神の力が働く時。

 

神の力はもう、私たちに働いている。

 

だから私たちはここにいる。

 

イエスに呼ばれた。

 

弟子たちも、同じ。

 

弟子になる時、イエスに呼ばれた。

 

そして今日、もう一度、イエスは弟子たちを私たちを呼ぶ。

 

神の力が私たちに働く。

 

そして、派遣される。

 

「収穫は多い」。

 

神は、多くの人に神の力を現わしてくださる。