今週の説教「予告」(マタイによる福音書10章16節から25節)

第12回 チャリティー・演劇

 

2020年2月21日(金)19時から・22日(土)13時から

(開場30分前・上演時間45分間)

 

『お水のゆくえ』

 

作:能登千春 演出:斉藤可南子

舞台は難民キャンプ。そこで布教とボランティア活動をしている宣教師夫婦の元に、妻の妹である日本人女性がやって来る。彼女は訳あって日本にいられなくなったのだが、自分のミスで姉を死なせ、同時にキャンプの命とも言えるポンプも失ってしまう。四面楚歌の中、彼女のとった行動は?

 

兎団 練馬区を拠点に活動する劇団。80年代の、一番イキがいい小劇場に触れてきた経験を活かし、想像力全開で観る、映像には代えられない演劇を作り続けている。

 

劇団問合せ先

oukaissou@yahoo.co.jp

080-3323-9944

https://usagidan.amebaownd.com/

 

本イベントの利益はすべて福祉施設に寄付いたします。

皆様の善意に深く感謝いたします。

予約800円 ・ 当日1,000円 ・ 小学生以下500

 

【会場・お問い合わせ先】

光が丘キリスト教会

03-3577-1044

練馬区春日町4-37-26

📨info@shining-hill.org

ホームページhttp://www.shining-hill.org

ホームページ内に過去の演劇上演動画があります。

マタイによる福音書1016節から25

 

16「わたしはあなたがたを遣わす。それは、狼の群れに羊を送り込むようなものだ。だから、蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい。 17人々を警戒しなさい。あなたがたは地方法院に引き渡され、会堂で鞭打たれるからである。 18また、わたしのために総督や王の前に引き出されて、彼らや異邦人に証しをすることになる。19引き渡されたときは、何をどう言おうかと心配してはならない。そのときには、言うべきことは教えられる。20実は、話すのはあなたがたではなく、あなたがたの中で語ってくださる、父の霊である。21兄弟は兄弟を、父は子を死に追いやり、子は親に反抗して殺すだろう。22また、わたしの名のために、あなたがたはすべての人に憎まれる。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。23一つの町で迫害されたときは、他の町へ逃げて行きなさい。はっきり言っておく。あなたがたがイスラエルの町を回り終わらないうちに、人の子は来る。 24弟子は師にまさるものではなく、僕は主人にまさるものではない。25弟子は師のように、僕は主人のようになれば、それで十分である。家の主人がベルゼブルと言われるのなら、その家族の者はもっとひどく言われることだろう。」

 

 

 

小咄を一つ。

 

一人の人が髪と髭を整えるために床屋へ行きました。

 

床屋が作業にかかると、彼らは会話をはじめ、様々なことについて興味深く話し合った。

 

とうとう、彼らは神の存在について触れたとき、床屋は言った。

 

「俺は神の存在なんて信じないね。」

 

「どうしてだい?」客は尋ねた。

 

「そうだな、出て行ってすぐ通りを見てみなよ、神なんていないってわかるさ。もし神がいるなら、どうしてそんなに多くの病んだヤツらがいるんだい。孤児だらけじゃないか。もし神がいるなら、悲しみも痛みもないんじゃないのかい。愛の神なら、どうしてこんな状況を放っておくのか俺には分からないね。」

 

客はしばらく考えたが、応えることはしなかった。彼は言い争いを始めたくはなかったからだ。

 

床屋が彼の仕事を終え、客は店を出た。ちょうど彼が床屋を去った後、彼はくしゃくしゃで汚い長髪と髭の男を通りで見かけた。

 

彼は汚く、手入れしてなく見えた。客は振り返って、また店に入り、床屋に言った。

 

「あのさ、この世に床屋なんていないだろ」

 

「何言ってるんだ?」床屋は驚いて尋ねた。

 

「俺がここにいるだろ、俺は床屋だ。たった今お前の髪を切ったばかりだろ。」

 

「違うね」客は説明した。

 

「床屋は存在しない。なぜなら、もし床屋がいるなら、この世に汚い髪と髭の人なんていないはずさ、あの外の男のようなね。」

 

「床屋はいるだろ。それはそいつが俺のところに来ないから起こるんだよ。」

 

「そのとおり!」客は賛同した。

 

「問題はそれさ。神も同じく、存在するんだ。人々が神に助けを求めないから、この世に多くの痛みと悲しみがあるのさ。」(作者不詳)

 

 

 

物の見方を変えなければいけないことというのはある。

 

ある考え方をすれば、神はいない、しかし、別の考え方をすれば、神はいる。

 

イエスは弟子を遣わす。

 

それは、「狼の群れに羊を送り込むようなものだ」(16節)。

 

行ったら大変なことになる。

 

相手のためにしているのに、相手はそれを理解しない。

 

理解しないどころかこちらの命まで危ない。

 

何しろ、自分は羊で、相手は狼……。

 

 

 

不思議なこと。

 

イエスが弟子を遣わすのは、人々が「飼い主のいない羊」(936節)のように弱っていたから。

 

イエス自身がそう言っていた。

 

今日のところでは全然違う話。

 

人々は弱っている羊ではなく、狼。

 

羊は、弟子たちの方。

 

 

 

イエスは何を言おうとしているのか。

 

イエスの目には、人間は羊。

 

羊が一人では生きていけないように、人も一人では生きていけない。

 

羊飼いが必要だし、羊飼いがいないから弱っている。

 

これが一つの考え方。

 

 

 

しかし、世の中の人は自分が弱っているとは思っていない。

 

あるいは、弱っていることを認めない。

 

これでいいんだ。

 

自分は自分一人の力で生きていくんだ。

 

これが当たり前なんだ。

 

そういうものなんだ。

 

どれだけ苦しい時でも神を求めることはしない。

 

羊飼いが必要だと思っていない。

 

そういう考え方しかできない。

 

世の中の人は、自分が羊であることを忘れている。

 

だから、イエスの弟子たちがやって来ても、受け入れない。

 

お前は私を羊だと言うのか、と怒り出すかもしれない。

 

そして、弟子たちを傷つけるかもしれない。

 

こうなると、狼。

 

本当は羊なのに、やっていることは狼。

 

イエスは人々をそういうふうにも見ておられる。

 

イエスが「羊の皮をかぶった狼」というたとえ話をしたことがあったが、今日の話はその逆。

 

「狼の皮をかぶった羊」の話。

 

本当は疲れて弱ってしまっているのに、それに気づかない、それを認めない。

 

そのまま一人で生きていこうとしている。

 

自己責任で。

 

自分を認めることの、何と大変なことか。

 

そう考えると、私たちの中にも、狼の皮をかぶった羊がいるかもしれない。

 

 

 

しかし、羊が狼の皮をかぶっても、何かいいことがあるだろうか。

 

狼が羊の皮をかぶるという話をイエスがしたことがあったが、それだと利益がある。

 

狼が羊の皮をかぶったら、相手をだますことができる。

 

しかし、羊が狼の皮をかぶっても、弱ってしまうだけ。

 

イエスはそのように世の中の人を見ておられる。

 

だから、イエスは弟子たちを遣わす。

 

神を求めない人のところに、人を派遣する。

 

求めないから、ということであきらめない。

 

求めない人のところにも人を送る。

 

その点では、最初の床屋の話よりも、今日のイエスの話の方が深い。

 

床屋の話では、世の中に苦しみがあるのは、人々が神を求めないからだ、ということだった。

 

それはイエスの考え方でもそう。

 

ただ、そこからもう一歩進んで、今日のイエスの話では、苦しみがあるのは、まだ人が送られていないから。

 

その、送られる人は私たちの中の誰かかもしれない。

 

 

 

心を決めて行かなければならない。

 

「だから、蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい」(16節)。

 

蛇のように「賢く」は「注意深く」とも訳すことができる言葉。

 

イエスは弟子の知恵には期待していない。

 

19節、20節を見ると、あなたは何も考えなくていいと言われている。

 

何も考えなくても、神の霊が語ってくださる。

 

ただ、17節で、人々を警戒しなさいと言われていた。

 

人々が弟子を捕まえて裁判所に連れて行くから。

 

その意味で、注意深くなければならない。

 

注意深く人を見分けなければならない。

 

ただ、疑ってばかりでは何もできない。

 

神様を信じて、神様の守りと導きを求めて歩む。

 

それが「鳩のような素直さ」。

 

 

 

私たちもそうありたい。

 

私たちも、世の中の人の中にいる。

 

それは、イエス様の目には、「狼の皮をかぶった羊」と私たち「羊」が一緒に暮らしているということ。

 

こちらの考えを分かってもらえないこと、受け入れてもらえないこと、それどころか攻撃されることも、普通にいくらでもあること。

 

そこでイエスは、自分も狼になって相手を攻撃しろとは言わない。

 

注意深く、相手を見なさい。

 

注意深く、危険を避けなさい。

 

ただ、本当に大変なことになっても、神の霊があなたを助ける。

 

 

 

その後のところでも、大変なことが言われている。

 

「わたしの名のために」と言われているが、イエスを信じることで、家族の間でも大変なことが起こる。

 

それどころか、「あなたがたはすべての人に憎まれる」。

 

弟子たちは、そこまで憎まれたわけではない。

 

ただ、私たちは、イエスに従っているのに苦しむことがあると、あってはならないことが起こったように思ってしまう。

 

しかし、イエスに従う時には必ず苦しみを受けるものなのだ、とイエスは言っている。

 

「狼の皮をかぶった羊」のところに「羊」が行くのだから。

 

苦しまないはずはない。

 

それなのにどうしてイエスは私たちを「狼の皮をかぶった羊」のところに行かせるのか。

 

私たちを通して人を助けたいから。

 

 

 

そして、私たちがイエスに従って働くときには、イエスは私たちを放っておかない。

 

私たちは羊。

 

羊には羊飼いが必要。

 

羊飼いイエスは私たちを守ってくださる。

 

「最後まで耐え忍ぶ者は救われる」という約束。

 

耐え忍ぶ、というのは、苦しみつづけなさいということではない。

 

ある場所で神様の働きをして、でもそれが受け入れられないんだったら、他の場所に移ってもいい。

 

そして、私たちが予定していたことを終える前に、「人の子は来る」。

 

「人の子」は「私」という意味にもなる言葉。

 

イエスが来てくださる。

 

私たちがイエスから与えられた仕事を終える前に、イエスが来てくださる。

 

完成させてくださる。

 

 

 

イエスは師、私たちは弟子。

 

イエスは神の元から来られた。

 

それはもう、人の間で苦しめられた。

 

だったら、私たちも苦しむ。

 

「家の主人がベルゼブルと言われるのなら、その家族の者はもっとひどく言われることだろう」(25節)。

 

ベルゼブルは悪霊の頭。

 

イエスはそう呼ばれることもあった。

 

だとしたら、私たちもそう言われる。

 

ここでイエスは私たちのことを「家族の者」と呼んでくださっている。

 

弟子は家族。

 

イエスは私たちをご自分よりも下の者だとは見ておられない。

 

家族として扱ってくださる。

 

考えてみれば、イエスこそ、狼の群れの中を歩んだ羊。

 

だから、私たちがイエスに従って狼の群れの中で苦しむ時、イエスが私たちを放っておくはずはない。

 

今日の話は恐ろしい話だが、あなたがたはそういう目にあうけれども、私イエスがあなたがたを守るという話。

 

「狼の皮をかぶった羊」のためにも働いてくださるイエスが、羊のために働いてくださらないはずはない。

 

もしかすると、私たちの心の中にも、どこか一部分、狼の皮をかぶっている部分があるかもしれない。

 

でも、大丈夫。

 

その私たちのところに、イエスが来てくださる。

 

私たちはそう信じていい。

 

イエスに対して、「鳩のように素直に」なろう。