今週の説教「平和があるように」(新約聖書・マタイによる福音書10章5節から15節に基づくメッセージ)

第12回 チャリティー・演劇

 

2020年2月21日(金)19時から・22日(土)13時から

(開場30分前・上演時間45分間)

 

『お水のゆくえ』

 

作:能登千春 演出:斉藤可南子

舞台は難民キャンプ。そこで布教とボランティア活動をしている宣教師夫婦の元に、妻の妹である日本人女性がやって来る。彼女は訳あって日本にいられなくなったのだが、自分のミスで姉を死なせ、同時にキャンプの命とも言えるポンプも失ってしまう。四面楚歌の中、彼女のとった行動は?

 

兎団 練馬区を拠点に活動する劇団。80年代の、一番イキがいい小劇場に触れてきた経験を活かし、想像力全開で観る、映像には代えられない演劇を作り続けている。

 

劇団問合せ先

oukaissou@yahoo.co.jp

080-3323-9944

https://usagidan.amebaownd.com/

 

本イベントの利益はすべて福祉施設に寄付いたします。

皆様の善意に深く感謝いたします。

予約800円 ・ 当日1,000円 ・ 小学生以下500

 

【会場・お問い合わせ先】

光が丘キリスト教会

03-3577-1044

練馬区春日町4-37-26

📨info@shining-hill.org

ホームページhttp://www.shining-hill.org

ホームページ内に過去の演劇上演動画があります。

新約聖書・マタイによる福音書105節から15節に基づくメッセージ

 

5イエスはこの十二人を派遣するにあたり、次のように命じられた。「異邦人の道に行ってはならない。また、サマリア人の町に入ってはならない。6むしろ、イスラエルの家の失われた羊のところへ行きなさい。7行って、『天の国は近づいた』と宣べ伝えなさい。8病人をいやし、死者を生き返らせ、重い皮膚病を患っている人を清くし、悪霊を追い払いなさい。ただで受けたのだから、ただで与えなさい。9帯の中に金貨も銀貨も銅貨も入れて行ってはならない。10旅には袋も二枚の下着も、履物も杖も持って行ってはならない。働く者が食べ物を受けるのは当然である。11町や村に入ったら、そこで、ふさわしい人はだれかをよく調べ、旅立つときまで、その人のもとにとどまりなさい。12その家に入ったら、『平和があるように』と挨拶しなさい。13家の人々がそれを受けるにふさわしければ、あなたがたの願う平和は彼らに与えられる。もし、ふさわしくなければ、その平和はあなたがたに返ってくる。14あなたがたを迎え入れもせず、あなたがたの言葉に耳を傾けようともしない者がいたら、その家や町を出て行くとき、足の埃を払い落としなさい。15はっきり言っておく。裁きの日には、この町よりもソドムやゴモラの地の方が軽い罰で済む。」

 

 

 

 

 

十二人。

 

イエスに選ばれた。

 

「使徒」、原文では「遣わされた者」とも呼ばれる。

 

イエスに選ばれ、イエスに遣わされる。

 

そのために、神の力も与えられている。

 

8節でイエスは彼らに言う。

 

「病人をいやし、死者を生き返らせ、重い皮膚病を患っている人を清くし、悪霊を追い払いなさい」。

 

こんなことは人間にはできない。

 

神の力の現われ。

 

神の子イエスが行っていたこと。

 

神の子イエスと同じ力が使徒たちに与えられた。

 

 

 

イエスはここから、本当に大きな仕事を始めようとしておられる。

 

そもそも、どうしてこの時、十二人が選ばれたのか。

 

イスラエル人の最初の先祖はアブラハム。

 

その孫がヤコブという人。

 

このヤコブという人が、神様からイスラエルという名前をもらった。

 

そのヤコブには十二人の子どもがいた。

 

そして、ヤコブの子どもの十二人が神の民イスラエルの十二の部族になっていく。

 

つまり、イエスが十二人の弟子を選んだというのは、この十二人から始まって、新しいイスラエル、新しい神の民を作り出そうとしておられるということ。

 

だからイエスも、最初はイスラエル人のところに行きなさいと言った。

 

 

 

最初に、ということであって、これはこの時の十二人だけの話ではない。

 

この後聖書をずっと読んでいくと、他の人たちも派遣されるということが起こってくる。

 

後から新しく弟子になった人たちも、派遣されていくということがある。

 

ただ、聖書を読んでみると、その時には、必ずしも病気を治すとか死んでいる人を生き返らせるということが起こっているわけではない。

 

そもそも病気とは何なのかと言うと、病気はこの時代には、罪の結果だと考えられていた。

 

死も同じ。

 

つまり、「病人をいやし、死者を生き返らせ、重い皮膚病を患っている人を清くし、悪霊を追い払いなさい」というのは、罪に支配されている人や悪の力に支配されている人を解放してあげなさいということ。

 

だから、本当に大事なのはその前の7節の言葉。

 

「行って、『天の国は近づいた』と宣べ伝えなさい」。

 

聖書では天とは神と同じ。

 

国は支配とも訳すことができる言葉。

 

神の支配が近づいた。

 

もう、罪に支配されて苦しむことはないんだよ。

 

神の力が、あなたを、罪の支配から解放する。

 

あなたは神の支配に入る。

 

本当に大事なのは、病気が治ることではなくて、「天の国は近づいた」。

 

 

 

そして、私たちも、それを伝えるようにと言われている。

 

私たち自身、神の力が私たちに及んで、私たちは新しい神の民になった。

 

そして、私たちも神の力をいただいて派遣されていく。

 

方法はこの時の十二人とは違うだろう。

 

今の日本では、病気や死が罪の結果だと思っている人はまずいない。

 

イスラエルでは常識だったが、今の日本ではそうではない。

 

ただ、私たちは、私たち自身、罪の元にいたところから神の元に呼ばれた者として、人を神の元に招く。

 

罪に支配されて苦しんでいる人は、いつの時代、どこの国でもいくらでもいる。

 

私たちはその人たちのところに行く。

 

 

 

それは大変だと思うかもしれない。

 

しかし、8節の最後「ただで受けたのだから、ただで与えなさい」。

 

やってもらったことをしてあげなさい。

 

見返りを求めないで、してあげなさい。

 

私たちがイエスからしてもらったと思っていること。

 

それを今度は自分がする。

 

できるだろうか。

 

神の力が及んでいるから大丈夫。

 

してもらったことをやっていきなさい。

 

私たちがしてもらったことは何だろうか。

 

その、神の力が私たちに及ぶ。

 

私たちがイエスと同じことができるようになる。

 

 

 

9節、10節で、何も持っていくなと言われている。

 

「ただで与えなさい」と言われていた。

 

だとしたら、自分で何か持って行った方が良いはず。

 

それなのに何も持たずに行くのはどうしてか。

 

「ただで与えなさい」の「ただで」は「恵みとして」という言葉。

 

神の恵み。

 

神の恵みがまず私たちに与えられた。

 

今度はその恵みを、私たちが与えていく。

 

恵みを与える。

 

それは神の働き。

 

そうする時には、神からの恵みがまた私たちに与えられる。

 

恵みを受けた者が、恵みを与えていく。

 

その働きは神の恵みに支えられるということ。

 

「働く者が食べ物を受けるのは当然である」とイエスが言っているが、それは、神の働きをする時には神の恵みがあるということを約束してくださっている言葉。

 

神の恵みの中で生きて、恵みを広げていく。

 

それが、派遣された者がすること。

 

 

 

ただ、私たちがどこに行くべきかについてはよく考えなければならない。

 

どこでもいいというわけではない。

 

でもそれも、私たちが一生懸命考えなければならないということではない。

 

14節で、「あなたがたを迎え入れもせず、あなたがたの言葉に耳を傾けようともしない者がいたら、その家や町を出て行くとき、足の埃を払い落としなさい」と言われている。

 

だから、ふさわしい人とふさわしくない人を見分けるのは難しくない。

 

自分に対する扱いで分かる。

 

そして、行った先ですることも難しいことではない。

 

「平和があるように」とあいさつすること。

 

平和という言葉は、神の恵みを表す言葉。

 

神の恵みがその人にあるようにと伝える。

 

何も、深刻な言い方でなくてもいい。

 

これはあいさつの言葉だった。

 

ということは、それくらいの感じで、短い言葉で、祝福する気持ちが伝わればそれでいい。

 

それだけで、その「家の人々がそれを受けるにふさわしければ、あなたがたの願う平和は彼らに与えられる。もし、ふさわしくなければ、その平和はあなたがたに返ってくる」。

 

こういう言い方をしているということは、私たちはもう、神の恵み、平和を与えられているということ。

 

そしてそれは、人にも与えることができる。

 

難しいことをやるのではない。

 

ふさわしい場所で、ふさわしい人に対して、神の力が私たちを通して働く。

 

大事なのは、私たち自身が、神様に与えられた神様の恵みの中に生きているかどうか、ということ。

 

ただで受けたと分かっていれば、自然にただで与えることができる。

 

自分が神の恵みに生かされていると分かっていれば、神の恵みが相手の人にも与えられるように、自然に願う。

 

私たちは、自分の力で神の恵みを勝ち取ったのではない。

 

自分に資格があったから与えられたわけでもない。

 

だから、人にも同じ恵みがあるようにと祈ることができる。

 

私たちが神の恵みがどれだけ豊かに与えられているかを知っているかどうか。

 

それがすべて。

 

イエスは私たちにチャレンジしている。

 

あなたは、神の恵みの豊かさを知っていますか。

 

もし本当に神の恵みを知っていれば、何も持たずに人のところに行って、ただ一言あいさつ程度の話をするだけで、そこにも神の恵みが現れる。

 

まずは、神の恵みを数え上げたい。

 

人を通して与えられてきた、神の恵み。

 

そもそも、命があることがそう。

 

ということは、すべて、感謝すべきこと。