今週の説教「一人も滅びないで」(新約聖書・マタイによる福音書18章10節から14節)

 

「一人も滅びないで」

 

新約聖書・マタイによる福音書1810節から14

 

10「これらの小さな者を一人でも軽んじないように気をつけなさい。言っておくが、彼らの天使たちは天でいつもわたしの天の父の御顔を仰いでいるのである。11人の子は、失われたものを救うために来た。12あなたがたはどう思うか。ある人が羊を百匹持っていて、その一匹が迷い出たとすれば、九十九匹を山に残しておいて、迷い出た一匹を捜しに行かないだろうか。13はっきり言っておくが、もし、それを見つけたら、迷わずにいた九十九匹より、その一匹のことを喜ぶだろう。14そのように、これらの小さな者が一人でも滅びることは、あなたがたの天の父の御心ではない。」

 

 

 

 

 

「これらの小さな者」。

 

先週のイエスの言葉では、「わたしを信じるこれらの小さな者」。

 

イエスを信じている人。

 

その人を、小さいからと言って「軽んじないように」。

 

軽く見るな。

 

低く見るな。

 

先週、弟子たちは、天の国では誰が一番偉いか、という話をしていた。

 

弟子たちは、偉くなりたい。

 

人の上に立ちたい。

 

そうすると、小さい人を軽んじるということが起こってくるだろう。

 

自分が人の上に立ちたいという思いと、小さい者を軽く見るというのは、コインの裏表。

 

どちらかだけということはない。

 

偉くなりたいと思う人は、その人の目で見て偉くない人を軽く見る。

 

だから、先週イエスは、自分を低くしなさいと言った。

 

そして今日は、軽んじるな、と言う。

 

 

 

そして、大事なことを言う。

 

「言っておくが、彼らの天使たちは天でいつもわたしの天の父の御顔を仰いでいるのである」。

 

「彼らの天使たちは」。

 

ここから、「守護天使」という考え方が生まれた。

 

一人一人に天使がついてくれているという考え。

 

それはありがたいことだし、天使は一体何をしてくれるんだろうか、と興味がわく。

 

しかし、聖書のどこを読んでも、そういったことはくわしく書かれていない。

 

では一体イエスはここで何を言おうとしたのか。

 

弟子たちに向かって、「あなたがたの天使たちは」と言ったのではない。

 

「彼らの天使たちは」。

 

これらの小さな者たちの天使たちは、ということ。

 

人の目に小さな者であっても、その人は神から見放された者ではないということ。

 

そして、天使たちは「いつもわたしの天の父の御顔を仰いでいる」。

 

小さな者たちを見ているのではなく、他の人たちを見ているのではなく、神を見上げている。

 

本当に上におられる方だけを見上げている。

 

地上を見下ろして、人間を低く見たりはしない。

 

そう言って、弟子たちの考え方を変えようとする。

 

 

 

そして、イエスはたとえを話す。

 

「迷い出た羊」のたとえ。

 

神様はたった一匹の羊が迷子になってしまっても、それを探しに行く。

 

たった一匹の羊でも、神様にとっては大切な羊。

 

そして、最後のところを見ると、迷子になった羊というのは、「これらの小さな者の一人」。

 

ということは、九十九匹は弟子たち。

 

ここで、先週の話を思い出す。

 

先週の話でイエスは、小さい者をつまずかせるな、と言った。

 

「つまずく」というのは、信仰をなくしてしまうこと。

 

偉くなりたいと思っている人が、ある人を小さい者だと見なす時、小さいとされた人が信仰をなくしてしまうことがある。

 

それが、迷子の羊。

 

しかし、神様はその羊をさがしに行く。

 

そして、見つけたら喜ぶ。

 

「迷わずにいた九十九匹より、その一匹のことを喜ぶ」。

 

神様の目は、見つけたその一匹にだけ、向けられている。

 

九十九匹にとっては困ったことかもしれない。

 

自分たちは山に残されて、じっと待っていなくてはならない。

 

その間に狼が来たらどうするのか。

 

不安になる。

 

 

 

しかし、このたとえ話では、九十九匹の気持ちは描かれていない。

 

迷子の羊の気持ちも描かれていない。

 

神様の御心だけ。

 

イエスは、御心を知りなさい、と教えている。

 

誰が偉い、誰が小さい。

 

それは人間の考え。

 

私たちはそんな考えをストレートに表に出したりはしないけれども、そういう考えがいつも頭の中にある。

 

そして、場合によっては、人を軽くみるためではなく、人を誉めるためなら、そんな考えを出してもいいのかな、と思う。

 

でも、御心は違う。

 

たとえ人がある人を小さいと思ったとしても、そして、その小さい人が信仰をなくして迷子になってしまったとしても、神様は探しに行く。

 

これは、この世の考え方とは違う。

 

九十九匹はどうするんですか。

 

そう、私たちは数字で考えるんです。

 

小さい時から数字で考える訓練を受けてきましたから。

 

そして、数字で考えるのが上手な人が、この世では偉いんですよね。

 

でも、神様は数字では考えないんです。

 

もし神様が数字で考える方なんだとしたら、私たちはどうなっていますか。

 

私たちは皆、神に背く者です。

 

罪があるんです。

 

そして、その罪を自分ではどうにもできないんです。

 

自分の罪を自分でどうにかできる可能性は0なんです。

 

私たちはどうなるんですかね。

 

でも、その私たちのために、十字架で、私たちのために代わりに罰を受けてくださったんです。

 

代わりに罰を受けると言っても、死刑です。

 

代わりに一発殴られるとか、代わりに怒鳴られるとか、そういうことではない。

 

あなたのためなら命を捨てます。

 

数字で考えていたら、こんなことはできない。

 

神様はそういう方なんです。

 

 

 

その意味で、私たちは皆、迷子の羊。

 

先週、イエスは、「子どものようになりなさい」と言った。

 

そして、その「子ども」というのは「イエスを信じる小さな者」ということだった。

 

そして、今日、イエスはその「小さな者」のことを「迷子の羊」だと言った。

 

「子どものようになりなさい」というのは、あなたは「迷子の羊です」ということ。

 

そのあなたを、神様は探し出してくださったんですよ。

 

探し出したどころではない。

 

自分の命を捨てた。

 

「子どものようになりなさい」というのは、私たちが努力して立派になることではない。

 

自分が迷子の羊なんだと自覚すること。

 

私たちはみんなそう。

 

数字に強い人も、そうでない人も。

 

大事なのは、私たちがどのようなものであろうとも、イエスは迷子の私たちを探し出してくださったから、今、私たちはここにいるということ。

 

それだけが私たちにとって大事なこと。

 

すごいことですね。

 

神が私を探して、見つけ出してくださった。

 

一番偉いのは誰か。

 

神。

 

神を仰ごう。

 

私たちは、神の御心の中で生かされている。