今週の説教「神の子どもたち」(新約聖書・マタイによる福音書17章22節から27節)

 

「神の子どもたち」

 

マタイによる福音書1722節から27

 

22一行がガリラヤに集まったとき、イエスは言われた。「人の子は人々の手に引き渡されようとしている。23そして殺されるが、三日目に復活する。」弟子たちは非常に悲しんだ。

 

24一行がカファルナウムに来たとき、神殿税を集める者たちがペトロのところに来て、「あなたたちの先生は神殿税を納めないのか」と言った。25ペトロは、「納めます」と言った。そして家に入ると、イエスの方から言いだされた。「シモン、あなたはどう思うか。地上の王は、税や貢ぎ物をだれから取り立てるのか。自分の子供たちからか、それともほかの人々からか。」26ペトロが「ほかの人々からです」と答えると、イエスは言われた。「では、子供たちは納めなくてよいわけだ。27しかし、彼らをつまずかせないようにしよう。湖に行って釣りをしなさい。最初に釣れた魚を取って口を開けると、銀貨が一枚見つかるはずだ。それを取って、わたしとあなたの分として納めなさい。」

 

 

 

 

 

二つの場面を一緒にして読んでみたい。

 

一つ目は、十字架と復活の予告。

 

イエスがこの話をするのは二回目。

 

一回目よりももう少し、深い言葉がつかわれている。

 

「引き渡される」。

 

イエスが、イエスの敵である人々に引き渡される。

 

人々がイエスを捕まえた、ではない。

 

引き渡される。

 

神が、引き渡す。

 

すべて、御手の内で起こっている事柄。

 

だから、十字架では終わらない。

 

その先に、復活がある。

 

しかし、弟子たちはこの話を聞いて悲しんだ。

 

 

 

イエスが殺されるという話を二回も聞くと、それは悲しいかもしれない。

 

しかし、イエスは復活するというところまで話をしている。

 

それなのに、どうして悲しむだけなのか。

 

イエスはもう十分人気があった。

 

イエスの周りには人々が集まってきていた。

 

弟子たちは、このままイエスの人気が高まって行って、イエスが王になると思っていたかもしれない。

 

それなのに、イエスはご自分が殺されると言う。

 

そうなると、その後、復活の話をされても、もう耳に届かない。

 

たくさんの人に尊敬されていて、自分たちも尊敬しているイエスが殺されてしまう。

 

その後、復活したからと言って、それが何になるんだ、という気持ちだっただろう。

 

 

 

そして、そのように悲しんでいる弟子たちが不安になるようなことが起こってきた。

 

ペトロのところに神殿税を集める者が来た。

 

神殿税というのはイスラエルの国の税金の一つで、毎年2万円くらいを納めた。

 

ここはカファルナウム。

 

ペトロの家があったところ。

 

ペトロの家に、税金を納めなさいという人がやってきた。

 

「あなたたちの先生は神殿税を納めないのか」。

 

イエスのことを言っているが、ペトロも納めていなかった。

 

最後の27節のイエスの言葉。

 

「それを取って、わたしとあなたの分として納めなさい。」

 

 

 

結局、納めたわけだが、この時のペトロの対応はどうか。

 

ペトロは、「あなたたちの先生は神殿税を納めないのか」と聞かれた。

 

イエスのことを聞かれた。

 

けれどもペトロは、イエスに聞かずに、その場で「納めます」と言った。

 

ペトロは、イエスが殺されるという話を聞いて悲しんでいた。

 

それは、人々がイエスを殺すということ。

 

だからペトロは、人々と戦いたくない。

 

もしかすると、今ここで、納めませんと言ったら、そのことがきっかけになって、イエスの敵たちがイエスを殺しに来るかもしれない。

 

ペトロとしては、自分の分もイエスの分も、全部自分で納めるつもりだったかもしれない。

 

 

 

しかし、家に入ると、イエスの方から言ってきた。

 

それも、税金の話をしだした。

 

ただ、神殿税、という言葉はつかわない。

 

「シモン、あなたはどう思うか。地上の王は、税や貢ぎ物をだれから取り立てるのか。自分の子供たちからか、それともほかの人々からか。」

 

王は自分の子供たちからは税金を取り立てない。

 

当然のこと。

 

ペトロもそう答えた。

 

「ほかの人々からです」。

 

そうすると、イエスは言った。

 

「では、子供たちは納めなくてよいわけだ」。

 

イエスは、やっぱり神殿税の話をしていた。

 

イエスは神の子。

 

神の子だから、この税金は納めなくて良い。

 

 

 

そして、ここでイエスは、「神の子供たち」という言葉を2回もつかっている。

 

イエスは言っている。

 

ペトロ、あなたも神の子だよ。

 

安心しなさい。

 

あなたはこれからどうなっていくのか不安だろう。

 

私が殺されるとしたら、もう今から悲しいだろう。

 

でも、安心しなさい。

 

あなたは神の子供だよ。

 

私が御手の内に置かれているように、あなたも御手の内に置かれているよ。

 

守られているよ。

 

 

 

そして、ここでつかわれている「納めなくてよい」という言葉は、「自由だ」という言葉。

 

神の子供たちは自由。

 

税金は不自由。

 

金額が決まっていて、それを決まった時に納めなくてはならない。

 

支配されているということ。

 

もちろん、悪いことばかりではない。

 

税金を納めることで、いろいろなサービスを受けられたり、守ってもらえたりする。

 

ただ、税金を受け取る側と納める側には、上下の関係がある。

 

神殿税ということで考えると、神様が上で人々が下。

 

支配する、支配される関係になる。

 

子どもたちはそんな関係から自由。

 

神はあなたの父。

 

あなたは神の子供だ。

 

父と子の関係。

 

子どもが義務を果たしたから、税金を納めたから、父が子どもを守るのではない。

 

父は、子どもが子どもであるから、守る。

 

だから、安心していい。

 

ペトロは不安にならなくていい。

 

不安からの自由。

 

 

 

だからこそ、イエスは言った。

 

「しかし、彼らをつまずかせないようにしよう」。

 

神の子イエスは、税金を払う、払わないというところにこだわっていない。

 

神の子どもには余裕がある。

 

税金を納める必要はない。

 

でも、この世のレベルでのこだわりから自由なので、この世よりももっと神に近いところに生きているので、この世のことに余裕がある。

 

だから、争うようなことはしないで済む。

 

そして、その余裕が、ユーモアになっている。

 

「湖に行って釣りをしなさい。最初に釣れた魚を取って口を開けると、銀貨が一枚見つかるはずだ。それを取って、わたしとあなたの分として納めなさい。」

 

これは言ってみれば奇跡。

 

神の力。

 

神の子イエスは神の力をここで使っている。

 

神殿税は2万円。

 

二人分で4万円。

 

4万円の奇跡。

 

ペトロ以外、誰も知らない奇跡。

 

 

 

しかし、考えてみるとすごいこと。

 

ペトロは家の中に入るまで、不安で仕方なかった。

 

しかし、イエスさまがこの話をして、ペトロの気持ちはどんなに変わっただろうか。

 

この方と一緒にいれば、どんなことがあっても大丈夫だ、と思えたのではないか。

 

自分の力ではどうしたって変えることのできない自分の気持ちを、イエスが変えてくださった。

 

 

 

私たちは時々、深刻になることがある。

 

しかし、イエスが働いてくださる時、それは何でもないことになる。

 

そして、どうしてイエスは私たちのために働いてくれるのか。

 

私たちが神の子だから。

 

私たちには、イエスが共にいてくださる。

 

私たちのために命を投げ出してくださった方が、共にいてくださる。

 

安心していないと失礼。

 

 

 

考えてみると、この時、ご自分の死と復活を予告したイエスこそ、深刻になるはずのところ。

 

けれども、その中にあっても、イエスにはユーモアがあった。

 

そのイエスの働きを求めたい。

 

私たちが深刻な問題に苦しむ時でも、心の余裕を失わないでいられるように。

 

自分の立場は自分の立場でしっかりさせながら、人と対立しなくて良い道を与えてくださるように。

 

支配されないし、支配しない。

 

本当の自由を与えてくださるように。