今週の説教「先にいる者が後になる」(新約聖書・マタイによる福音書20章1節から16節)

 

新約聖書・マタイによる福音書201節から16

 

1「天の国は次のようにたとえられる。ある家の主人が、ぶどう園で働く労働者を雇うために、夜明けに出かけて行った。2主人は、一日につき一デナリオンの約束で、労働者をぶどう園に送った。3また、九時ごろ行ってみると、何もしないで広場に立っている人々がいたので、4『あなたたちもぶどう園に行きなさい。ふさわしい賃金を払ってやろう』と言った。5それで、その人たちは出かけて行った。主人は、十二時ごろと三時ごろにまた出て行き、同じようにした。6五時ごろにも行ってみると、ほかの人々が立っていたので、『なぜ、何もしないで一日中ここに立っているのか』と尋ねると、7彼らは、『だれも雇ってくれないのです』と言った。主人は彼らに、『あなたたちもぶどう園に行きなさい』と言った。8夕方になって、ぶどう園の主人は監督に、『労働者たちを呼んで、最後に来た者から始めて、最初に来た者まで順に賃金を払ってやりなさい』と言った。9そこで、五時ごろに雇われた人たちが来て、一デナリオンずつ受け取った。10最初に雇われた人たちが来て、もっと多くもらえるだろうと思っていた。しかし、彼らも一デナリオンずつであった。11それで、受け取ると、主人に不平を言った。12『最後に来たこの連中は、一時間しか働きませんでした。まる一日、暑い中を辛抱して働いたわたしたちと、この連中とを同じ扱いにするとは。』13主人はその一人に答えた。『友よ、あなたに不当なことはしていない。あなたはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。14自分の分を受け取って帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。15自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前のよさをねたむのか。』16このように、後にいる者が先になり、先にいる者が後になる。」

 

 

 

 

 

今日の話は、このすぐ前の話とつながっている。

 

16節、「後にいる者が先になり、先にいる者が後になる」。

 

今日の場面のすぐ前、1930節でも同じようなことが言われていた。

 

「先にいる多くの者が後になり、後にいる多くの者が先になる」。

 

そして、19章の方でどんな話があったかというと、永遠の命をいただくということ、救いということ。

 

ということは、今日の話も、救いについての話。

 

天の国での永遠の命をいただくという話。

 

つまり、今日、労働者がいただいた1デナリオンが救い。

 

救いというのはぶどう園の主人が、自分の所のぶどう園で働く人を雇って、その人に給料を出すようなものだ、ということ。

 

最初に雇われた人たちは、11デナリオンの約束で夜明けから働いた。

 

主人が9時に広場に行ってみると、何もしないで広場に立っている人がいた。

 

仕事をもらえなかった人がいた。

 

その人も雇われた。

 

12時にも3時にも5時にも、主人は人を雇った。

 

朝早くに雇われた人も、5時に雇われた人も、皆夕方まで働いた。

 

働いた時間はずいぶん違う。

 

夜明けに雇われた人は10時間は働いただろう。

 

5時に雇われた人は1時間くらいだろう。

 

それでも、給料は同じ。

 

1デナリオン。

 

同じ救いが与えられる。

 

1時間しか働かなかった人には、10%だけの救い、ということはない。

 

10時間働いた人には10倍の救いということもない。

 

そして、救いは、主人が、神様が、与えてくださるものだということ。

 

神様が人を呼んで、その日の終わりに、一人一人に救いを与えてくださる。

 

そして、そのために神様は、何度も何度も出かけて行って、人を雇った。

 

神様は一人でも多くの人を救いたい。

 

だから、働いた分だけお金を払うということはしない。

 

あなたは1時間だけしか働かなかったから、10%だけ救います、ということはない。

 

私たちは働けば働くほどたくさんもらえると思うが、そうではない。

 

働けば働くほどたくさんもらえるというのは、私たちが自分の権利を主張しているということ。

 

そうではない。

 

救いは、神様が与えてくださるもの。

 

人間が働いた時間で変わってくるものではない。

 

働くということはある。

 

働きに対して報いが与えられるということはある。

 

ただそれは、私たちがどれだけ神様に仕えたか、ということで決まってくるのではなくて、神様の恵みによって与えられるものだということ。

 

救いは神様のなさること。

 

14節、15節「わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前のよさをねたむのか」。

 

 

 

そもそも神様は、そんなに何度も広場に出て行って、働く人を求めなくても良かった。

 

5時に雇われた人は、一日中、広場に立っていた。

 

夜明けからずっと。

 

この時代には、働きたい人は夜明けに広場に集まって、雇ってもらえるのを待った。

 

でも、誰も雇ってくれなかった。

 

働きたい人は多かったけれど、仕事はそんなにたくさんなかった。

 

広場にはたくさんの人がいたから、主人は夜明けに人を雇って、もうそれで十分だったはず。

 

でも、何度も広場に出て行って、何もしないでいる人たちに声をかける。

 

仕事がないんだから何ももらえなくても当然なのに、いただける。

 

私たちがぶどう園の労働者にしていただいたのは、神様の恵み。

 

労働者の権利とか言っている場合ではない。

 

神様は4節で「ふさわしい賃金を払ってやろう」と言っているが、皆に1デナリオン。

 

でもこれがふさわしい。

 

神様の御心に適っている。

 

神様は人を救いたい。

 

働いた分だけ払う、という考えではない。

 

人を救いたいということだけが御心。

 

 

 

ただ、この話で、「後にいる者が先になり、先にいる者が後になる」というのはどういうところでそうなのか。

 

この話で、順番が変わったというのは、1デナリオンをいただく時に、最後に雇われた人が最初にお金をもらったこと。

 

最初に雇われた人は最後にもらった。

 

これによって、一つの事件が起こる。

 

最後に雇われた人、5時から1時間だけ働いた人が1デナリオンを受け取った。

 

この人たちは喜んだだろう。

 

1時間で1万円もらえた。

 

そうなると、最初に雇われた人はもっと多くもらえるだろうと思う。

 

しかし、同じ1デナリオンだった。

 

それで、最初に雇われた人が文句を言うことになった。

 

もしこれが、最初に雇われた人から順にお金を渡していれば、こういうことにはならなかっただろう。

 

最初に雇われた人は、雇われる時に、11デナリオンの約束をしていたから、仕事が終わって最初にお金を受け取ったら、後は、他の人たちがいくらもらったか知らないまま、そのまま帰っただろう。

 

雇った順番でお金を払ったら、最初の人は怒ることはなかった。

 

ただこれで、神様の救いというのがどういうものなのか明らかになる。

 

最初の人が怒ったから、13節から15節の御言葉を聞くことになった。

 

それは、人を救いたいという神様の熱心。

 

そして、救いは、神様が恵みとしてなさることなのだということ。

 

お金を払う順番を逆にしたことで、人間はそれが分かっていないということが明らかになった。

 

神様は人と人を比べない。

 

あの人はどれくらい働いた、あの人はまだ少ししか働いていない。

 

そんなことは考えない。

 

けれども、人間は人と人とを比べてしまう。

 

そして、私には権利がある、と考えてしまう。

 

救いはそうではない。

 

神様の熱心、神様の恵み。

 

 

 

そもそもこの話はぶどう園で人を雇うという話だけれども、神様はそこで自分の利益を出したいと思っているのではない。

 

利益を出したいというのならこんなことはしない。

 

後から後から次々人を雇う必要もない。

 

神様は後から雇った人のことをどう見ているか。

 

神様がその人を雇うのは、3節や6節に書かれているが、その人たちが何もしないで立っていたから。

 

力が強そうだから、頭が良さそうだから雇ったのではない。

 

ただ立っているしかない、救われていない人がそこにいる。

 

それだけでもう神様は我慢できない。

 

神様はその人を雇う。

 

自分の利益のためではない。

 

その人に1デナリオンという救いを与えるため。

 

 

 

だから、神様のぶどう園には、何人まで、という定員はない。

 

もうこれ以上人を雇わないということはない。

 

ぶどう園で働くことは楽なことではないかもしれない。

 

12節で、一日中働いた人は、自分は「まる一日、暑い中を辛抱して働いた」と言った。

 

神様のぶどう園でも、苦労して働くということはある。

 

その上、この人たちは、後から働いた人と同じ、1デナリオンしかもらえなかった。

 

人間の考えからすると、割に合わないと思うことだってある。

 

 

 

しかし、このぶどう園で働くということはどういうことか。

 

どうしても人を救いたいという神様の御心の中に私たちがいるということ。

 

その御心であふれているのがぶどう園。

 

利益なんていうことは最初から考えもしない。

 

人間の考えを超える神様の御心の中に、私たちが置かれて、愛されている。

 

それがぶどう園。

 

私たちはこのぶどう園で、その神様を見い出したい。

 

働いた分、もらう、ということではない。

 

人と人とを比べるということでもない。

 

神様はとにかく目の前にいる人を救いたい。

 

その御心で、私たちは皆、救われた。

 

だから、一日中働いて1デナリオンもらった人に言いたい。

 

あなたが一番幸せです。

 

あなたは一日中、神様の愛に抱かれていたから。

 

 

 

しかし、本当のところは、誰が一番ということはない。

 

ぶどう園で働いた人が、1デナリオンを受け取る。

 

救いを受け取る。

 

そのために、イエス様は何をしてくださったか。

 

十字架です。

 

イエス様は言う。

 

私はあなたに、私の命を与えたい。

 

私たちは皆、一番。

 

私たちは皆、これ以上ないくらい愛されている。