今週の説教「最も重要な掟」(新約聖書・マタイによる福音書22章34節から40節)

 

新約聖書・マタイによる福音書2234節から40

 

34ファリサイ派の人々は、イエスがサドカイ派の人々を言い込められたと聞いて、一緒に集まった。35そのうちの一人、律法の専門家が、イエスを試そうとして尋ねた。36「先生、律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか。」37イエスは言われた。「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』38これが最も重要な第一の掟である。39第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』40律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」

 

 

 

 

 

今日はファリサイ派の人たちがイエスのところにやってきた。

 

信仰のグループ。

 

「ファリサイ」という言葉は、「分ける」という言葉から来ている。

 

この世から自分を分ける。

 

自分たちはこの世の人たちとは違う。

 

自分たちこそ、神の言葉に従って生きている。

 

その人たちが、イエスのところにやってきた。

 

 

 

ファリサイ派の人たちは、サドカイ派の人たちが言い込められたと聞いた。

 

サドカイ派の人たちはイエスに言い返すことが出来なかった。

 

それで、自分たちがイエスをやっつけてやろうと考えた。

 

サドカイ派の人たちというのは、神殿で神様に仕えていた人たち。

 

それに対してファリサイ派の人たちは、もちろん神殿にも行くことはあるが、自分たちで聖書を読んで勉強することを大事にしていた。

 

だから、この人たちとしては、サドカイ派の人たちがイエスに言い込められたとしても、自分たちはそうは簡単には負けないぞ、と思っていただろう。

 

 

 

そして、イエスに質問する。

 

「律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか」。

 

律法というのは旧約聖書の一番大事な部分。

 

旧約聖書の最初の五つの本。

 

イエスは答えた。

 

「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」。

 

これは、旧約聖書の五つ目の、申命記という本の65節に書かれていること。

 

ただ、答えはこれだけではない。

 

「最も重要」と聞くと、一つだけ答えればいいのではないかと思うが、もう一つ答えた。

 

「隣人を自分のように愛しなさい」。

 

これは、旧約聖書の三つ目の、レビ記という本の1918節に書かれている。

 

そして、「律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている」と言った。

 

「律法全体と預言者」とは、旧約聖書全体ということ。

 

この時代にはまだ新約聖書は無いので、聖書の全体が、この二つの掟に基づいているということ。

 

そして、「基づいている」は「ぶら下がる」という言葉。

 

この二つがまずあって、それに、神の言葉の全体がぶら下がっている。

 

この二つがないなら、神の言葉は全部だめになってしまう。

 

この二つがすべて、と言っていいくらいだ。

 

 

 

ここには、イエスの答えに対してファリサイ派の人がその後何を言ったのかは書かれていない。

 

ただ、ファリサイ派の人の心の中は分かる。

 

彼らは、「イエスを試そうとして」質問したと書かれている。

 

そして、彼らは実は、その答えを知っていた。

 

聖書の中で何が一番大事なことかというのは、この時代に良く話し合われていたこと。

 

そして、多くの人たちが話し合って、一番大事な掟はこの二つだろうということになっていた。

 

つまり、ファリサイ派の人は、自分たちが知っていることを質問して、イエスが正しく答えられるかどうか見てやろう、という気持ちだった。

 

 

 

しかし、イエスをチェックするためにこんなことを質問するというのはどうなのか。

 

神を愛し、隣人を愛しなさい。

 

それが神の御心。

 

しかし、この人は、何とかしてイエスを倒してやろうということで、神の御心を利用していることになってしまう。

 

この人には、神への愛も隣人への愛もない。

 

確かにこの人は正しい答えを知っていた。

 

神への愛と隣人愛。

 

ただ、知っているだけで、それと正反対のことをしている。

 

神への愛がないから、神の言葉をこんなふうに利用する。

 

隣人愛がないから、質問してチェックしてやろう、答えられなかったらもっと追い詰めてやろうと考える。

 

 

 

ただ、私たちは、このイエスの答えを聞いてどう思うだろうか。

 

「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」。

 

神を愛しなさい、ではない。

 

旧約聖書のもともとの言葉では、「心のすべてで、精神のすべてで、思いのすべてで」神を愛しなさい。

 

確かに、私たちはそのような思いになることがある。

 

しかし、これとは違う思いになることもある。

 

神を愛するより、疑うことがある。

 

神の前から逃げ出そうとすることもある。

 

神に背を向けることもある。

 

イエスの弟子たちも皆、そういうことがあったが、私たちにもそういうことがある。

 

「隣人を自分のように愛しなさい」とも言われている。

 

これも、隣人を愛しなさい、ではない。

 

人を、「自分のように」愛する。

 

自分と同じように愛する。

 

確かに、私たちはそのような思いになることがある。

 

しかし、これとは違う思いになることもある。

 

人を愛するどころか、その正反対、人を憎むことだってある。

 

私たちも、できていない。

 

ファリサイ派の人たちも、イエスの弟子たちも、私たちも、出来ていると言えるかどうかというと、言えない。

 

 

 

私たちは、神を愛し、隣人を愛するように努力するべきなんだろうか。

 

確かに、この点で、十分に努力していると言える人も多くはないだろう。

 

しかし、努力すればするほど、どうなるか。

 

自分が出来ていないことに気づかされることになる。

 

必ずそうなる。

 

聖書は、人間は罪人だと言う。

 

罪とは何か。

 

神を愛するより、隣人を愛するより、自分を愛すること。

 

それが、神にとっては罪である。

 

そして、人間は罪人。

 

だから、愛そうと努力すればするほど、自分に出来ないことに気づかされていくことになる。

 

どれだけ頑張ってもそうなる。

 

もし、自分はできていると思っている人がいたとしたら、その人はまだまだ努力が足りないと言える。

 

努力したことがある人なら、自分に出来ないことを知っているはず。

 

 

 

では、私たちはどうすればいいのか。

 

そもそも、イエスは、私たちに「自分にはできない」と思わせて、がっかりさせるためにこんなことを言ったのだろうか。

 

私たちはこの言葉を、どう聞くべきなのだろうか。

 

今日、他の誰かではなく、もちろんファリサイ派の人でもなく、イエス・キリストが私たちにこの御言葉を伝えてくださった。

 

イエスはどのような方か。

 

神の子は誰よりも神を良く知っていて、誰よりも神を愛した。

 

神を愛しているからこそ、どこまでも神に従った。

 

だから、神の右におられたのに、私たちの所に来てくださった。

 

十字架にかかってくださった。

 

それは、私たちを愛しているからでもある。

 

神を愛して、私たちを愛しているから、神のみもとから離れて、私たちの所に来てくださり、十字架にかかってくださった。

 

心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、神を愛した。

 

隣人を自分のように愛した。

 

今日の言葉は、イエスのこと。

 

私たちがいただいている救いというものは、イエスの愛。

 

イエスがどこまでも神と私たちを愛してくださったところに、私たちの救いがある。

 

イエスの完全な愛が、私たちにある。

 

今、ここにある。

 

 

 

だから私たちは、神を愛し、隣人を愛する時、出来るか出来ないかということを考える必要はない。

 

ここまでやったら大丈夫だとか、まだ足りないんじゃないかとか、そんなことを考える必要はない。

 

他の人はできているかいないか、あの人は自分では出来ていると思っているが、出来ていないんじゃないか、そんなことを考える必要もない。

 

自分が何点か、人が何点か、そんなことではない。

 

そもそも、何点なら合格で、何点なら不合格ということもない。

 

神の子が、命を投げ出して、私を愛してくださった。

 

今更私たちが出来るか出来ないかという話ではない。

 

 

 

出来るかできないかで言うと、出来ない。

 

でも、その私たちを、神の子が完全に愛してくださっている。

 

出来ない私たちのことを、あなたのためなら死んでもいいと言ってくださっている。

 

だから、私たちも、自分を愛していい。

 

神に愛されている自分を愛さないのはおかしい。

 

もっと言うと、神の完全な愛が自分にある、自分が完全に神に愛されているということが分かっていないから、私たちは神に逆らうことがあり、人を憎むことがある。

 

神の愛が自分にあることを分かっている人が、神を愛し、自分と同じように神に愛されている隣人を愛することもできる。

 

私たちは、神の、完全な愛に取り囲まれている。

 

とんでもないことかもしれない。

 

私たちの誰が、他の人のために、自分の子どもを差し出すだろうか。

 

でも、それがふさわしい。

 

それでいい。

 

神が、神の子が、私たちを愛して、そこまでしてくださったことだから。