今週の説教「来て、見なさい」(新約聖書・ヨハネによる福音書1章43節から51節)

 

 

新約聖書・ヨハネによる福音書143節から51

 

43その翌日、イエスは、ガリラヤへ行こうとしたときに、フィリポに出会って、「わたしに従いなさい」と言われた。44フィリポは、アンデレとペトロの町、ベトサイダの出身であった。45フィリポはナタナエルに出会って言った。「わたしたちは、モーセが律法に記し、預言者たちも書いている方に出会った。それはナザレの人で、ヨセフの子イエスだ。」46するとナタナエルが、「ナザレから何か良いものが出るだろうか」と言ったので、フィリポは、「来て、見なさい」と言った。47イエスは、ナタナエルが御自分の方へ来るのを見て、彼のことをこう言われた。「見なさい。まことのイスラエル人だ。この人には偽りがない。」48ナタナエルが、「どうしてわたしを知っておられるのですか」と言うと、イエスは答えて、「わたしは、あなたがフィリポから話しかけられる前に、いちじくの木の下にいるのを見た」と言われた。49ナタナエルは答えた。「ラビ、あなたは神の子です。あなたはイスラエルの王です。」50イエスは答えて言われた。「いちじくの木の下にあなたがいるのを見たと言ったので、信じるのか。もっと偉大なことをあなたは見ることになる。」51更に言われた。「はっきり言っておく。天が開け、神の天使たちが人の子の上に昇り降りするのを、あなたがたは見ることになる。」

 

 

 

 

 

今日もまた、イエスの弟子になる話。

 

今日の話は他の福音書にも同じような話が書かれている。

 

イエスが、「わたしに従いなさい」と言う。

 

言われた人は、イエスの弟子になる。

 

どうしてそんなすぐに弟子になれるのかと思うが、神の言葉が実現するということ。

 

他の福音書では、弟子になる人は仕事中だったりするが、それでも、仕事を置いて、イエスの弟子になる。

 

仕事というのはこの世で一番大事だと思われているものかもしれないが、それでもそこに、神の力が実現する。

 

人間のどんな思いよりも、神の言葉に力がある。

 

 

 

ただ、今日の話のメインは、フィリポが弟子になったことではない。

 

フィリポが弟子になった後で、ナタナエルに証しして、ナタナエルが弟子になったことが今日のメイン。

 

今日の場面の前の場面でも、先に弟子になった人が証しをして、証しを聞いた人が弟子になる、ということがあった。

 

証しすることの大切さ。

 

キリスト教はそれによって世界中に広まった。

 

 

 

フィリポはナタナエルに証しした。

 

「わたしたちは、モーセが律法に記し、預言者たちも書いている方に出会った」。

 

聖書に書かれている救い主に出会ったということ。

 

ストレートに話をした。

 

そして、ここで面白いのが、フィリポが、「わたしたち」と言っていること。

 

フィリポ一人が証ししているので、「わたし」でいいのに、「わたしたち」と言っている。

 

フィリポが弟子になってから、ナタナエルに証しするまでにどれくらいの時間があったのか分からないが、フィリポはこれだけストレートに証しすることができるようになっているので、イエスと色々な話をしただろう。

 

ということは、その間に、先に弟子になっていたアンデレとペトロとも出会っていたかもしれない。

 

いや、おそらくそうだろう。

 

だから、44節で、フィリポのことだけでなく、アンデレとペトロの名前も出てきている。

 

つまり、「わたしたち」というのは弟子になった私たちということ。

 

弟子はフィリポだけではない。

 

そして、弟子たちは皆、イエスが救い主だと信じている。

 

これは、今ここにいる私たちも同じ。

 

私たちも皆、色々な違いがあっても、イエスが救い主だと信じているということで、一つ。

 

同じ一つの事を信じて一つになっている。

 

それがとても大事。

 

だから、「わたし」と言った方が良い場面なのに、「わたしたち」になる。

 

私一人がどうであるかよりも、私たちの信仰の方が大事。

 

もちろんそう。

 

私たちの信仰は、私たちの「救い主」に対する信仰だから。

 

 

 

ただ、この時、フィリポの証しはどうだったか。

 

フィリポは、救い主のことを、「それはナザレの人で、ヨセフの子イエスだ」と言った。

 

私たちだったら、こういう言い方はしない。

 

私たちだったら、「ベツレヘムの馬小屋で生まれた、神の子イエスだ」と言うだろう。

 

ナザレの人というのは間違いではない。

 

イエスはナザレで育った。

 

でも、生まれたのはベツレヘム。

 

ベツレヘムは救い主が生まれると聖書に書かれていた場所。

 

救い主を証しするなら、ベツレヘムで生まれた、と言ってほしい。

 

ヨセフの子というのも、間違っているとは言えない。

 

ヨセフはマリアの夫で、イエスを自分の子どもとして育てた。

 

しかし、イエスを生んだ時、マリアは聖霊によって身ごもった。

 

それを知らなかったから、ヨセフの子と言ったのかもしれない。

 

 

 

でも、その証しでいい。

 

まず、証しをすることが大切。

 

ただ、私たちの証しがすぐに受け入れられない場合もある。

 

フィリポの話を聞いたナタナエルは、「ナザレから何か良いものが出るだろうか」と言った。

 

こういう言い方をしているということは、よほどナザレのことを低く見ているということ。

 

いつの時代でも田舎は低く見られる。

 

そもそも、ナザレは旧約聖書には出てこない。

 

ナタナエルとしては、自分の気持ちとしても、聖書的に考えても、それは違うよ、という感じ。

 

証しは、受け入れてもらえなかった。

 

 

 

私たちはそういう時、どうすればいいのか。

 

私たちは、自分の話が聞いてもらえないと、もっと一生懸命、説明しようとすることがある。

 

しかし、フィリポはこの時、ナタナエルに一生懸命、説明したわけではない。

 

「来て、見なさい」と言った。

 

自分で確かめてみなさい。

 

フィリポとしては、イエスは間違いなく救い主だと信じているから、こう言える。

 

自分で確かめてくれたら、ナタナエルも分かるはずだ、と思える。

 

だから、「来て、見なさい」だけでいい。

 

そして、これは本当に大事なことだけれども、その人がイエスに出会わないと、イエスを救い主だと信じることにはならない。

 

いくら説明されても、人から聞いた説明で、イエスを救い主だと信じるようにはならない。

 

私たちが証しするのは、その人がイエスに出会うため。

 

だから、「来て、見なさい」。

 

それは、一緒に教会に行くことかもしれないし、集会のお知らせをすることかもしれないし、その人のために祈ることかもしれないし、本を渡すことかもしれない。

 

とにかく、その人がどうやったらイエスに出会うことができるかを考える。

 

 

 

そしてこれは、イエスの御心も同じ。

 

前の場面で、二人の弟子が、イエスに、「先生、どこに泊まっておられるのですか」と聞いた。

 

イエスは、「来なさい。そうすれば分かる」と答えた。

 

このイエスの言葉は、「来なさい、そうすれば見ることになる」という言葉。

 

私たちは、イエスのこの言葉の通りに、イエスに出会って、確かめて、信じた。

 

だから私たちも、自信をもって「来て、見なさい」と言うことができる。

 

 

 

ナタナエルはイエスの元に来た。

 

イエスは、ナタナエルを見つけて、イエスの方から声をかけた。

 

これは、弟子になる人は皆そう。

 

イエスの方から声をかけてくださる。

 

それは、私たちもそうだったのではないか。

 

イエスが私たちを見つけて、声をかけてくださる。

 

そして、この時、イエスはナタナエルのことを知っていた。

 

私たちもそう。

 

「来て、見なさい」と言われて、自分から行ったと思っていたけれども、イエスは私たちのことを知っていて、だから、声をかけて、呼んでくださったんだ、という経験。

 

 

 

この時、イエスはこう言った。

 

「見なさい。まことのイスラエル人だ。この人には偽りがない」。

 

まことで、偽りがない。

 

本物のイスラエル人。

 

神が確かに選んだ人だということ。

 

この時、ナタナエルは、イエスが自分をほめて、自分の気持ちを良くしようとしているのではなくて、本当に自分を知っていると感じて驚いた。

 

ナタナエルは、「どうしてわたしを知っておられるのですか」と言った。

 

そうするとイエスは、面白い答え方をした。

 

「わたしは、あなたがフィリポから話しかけられる前に、いちじくの木の下にいるのを見た」。

 

いちじくの木の下というのは、イスラエルでは、神に心を向ける場所。

 

イエスはずっとここにいたけれども、それが見えた。

 

だから、あなたのことをまことのイスラエル人だと言ったんだ、ということ。

 

 

 

ナタナエルは答えた。

 

「ラビ、あなたは神の子です。あなたはイスラエルの王です」。

 

なかなか最初からこんなことは言えないようなこと。

 

ラビ、先生、と最初に言ったけれども、続けて、神の子だと言った。

 

預言者だと言ったのではない。

 

預言者は人間。

 

神の子だと言った。

 

その上で、イスラエルの王だと言った。

 

これは、イエスのことを旧約聖書に書かれている救い主だと認めたということ。

 

「来て、見なさい」と言われて、その通りにしたら、「来なさい。そうすれば分かる」というイエスの言葉が実現した。

 

 

 

ただ、そのナタナエルに、イエスは、「もっと偉大なことをあなたは見ることになる」と言った。

 

私たちは、イエスを信じるようになったその最初の時に、とりあえず大きな経験をしたと言える。

 

イエスがずっと前から私のことを知っておられて、私にとって一番良い仕方で呼んでくださり、信じるようにさせてくださった。

 

しかし、そこで終わりではない。

 

イエスは私たちに、もっと大きなことを見せてくださる。

 

それが、「天が開け、神の天使たちが人の子の上に昇り降りするのを、あなたがたは見ることになる」ということ。

 

この話は、旧約聖書の創世記28章でヤコブという人が見た夢が元になっている。

 

ヤコブは、天と地の間に階段がかかっていて、そこを天使たちが上り下りするのを夢で見た。

 

イエスはこの時、その階段は私のことだと言った。

 

イエスが、天と地をつないでくださる。

 

そして、神の働きをする天使たちが、上ったり下ったりして、この地上にも、天と同じように、神の力が現れるようになる。

 

それを、あなたは見ることになる。

 

 

 

私たちは信じる者になって、イエスが私たちをこの教会に呼んでくださって、それを見てきた。

 

神がこの私のことを知っていて、この私に働きかけてくださるだけのことではなくて、この私たちの間に、私たちの教会に、神の力を現してくださってきた。

 

私たちの教会のような教会は他にない。

 

日本全体で見ると、クリスチャンの数は減ってきているが、私たちの教会は10年で23倍になった。

 

日本にある日本の教会なのに、日本以外で生まれた人の方が多く、日本語以外の言葉で礼拝が行われている。

 

そんな教会はどこにもない。

 

イエスが天と地を結ぶ階段になってくださって、天使たちが上ったり下ったりして働いている。

 

それが私たちの教会。

 

神の力が現れている教会。

 

神はこれからも、私たちの教会に神の力を現してくださるだろう。

 

これから、私たちの教会は大きな変化を経験することになる。

 

不安を感じる人もいるかもしれない。

 

けれども、そこにも、神の力は現れる。

 

天と地の間を天使が上り下りする夢をヤコブが見た時、ヤコブは自分のお兄さんに命を狙われて、逃げている途中だった。

 

それでも、神は神の力が現れる夢を見させてくださり、そしてその通り、ヤコブを守ってくださった。

 

神はこれからの私たちにも、もっと偉大なことを見させてくださるに違いない。

 

私たちは、私たちの教会は、天と結ばれていて、神の力が現れている。

 

その神の力は、これから、もっと大きく現れる。

 

そのことを信じて、イエスの弟子として、イエスに従って、証ししていきたい。

 

 

"와서 봐요."

 

 

 

오늘도 예수의 제자가 되는 이야기.

 

오늘 이야기는 다른 복음서에도 비슷한 이야기가 적혀 있다.

 

예수님이 나를 따르라고 한다.

 

들은 사람은 예수의 제자가 된다.

 

어떻게 그렇게 금방 제자가 있을까 싶지만 하나님의 말씀이 실현된다는 .

 

다른 복음서에서 제자가 사람은 일하는 중이긴 하지만 그래도 일을 두고 예수의 제자가 된다.

 

일이란 세상에서 가장 중요하다고 여겨지는 것일지 모르지만, 그래도 거기에 신의 힘이 실현된다.

 

인간의 어떤 생각보다도 하나님의 말씀에 힘이 있다.

 

 

 

다만 오늘 이야기의 메인은 필리포가 제자가 것은 아니다.

 

필리포가 제자가 후에 나타나엘에게 증명해 나타나엘이 제자가 것이 오늘의 메인.

 

오늘 장면 앞의 장면에서도 먼저 제자가 사람이 증거를 하고, 증거를 들은 사람이 제자가 되는 일이 있었다.

 

증거하는 것의 중요함.

 

기독교는 그로 인해 세계로 확산됐다.

 

 

 

필리포는 나타나엘에게 증명했다.

 

우리는 모세가 율법에 적고 예언자들도 쓰는 분을 만났다.

 

성경에 적혀 있는 구원자를 만났다는 .

 

직설적으로 이야기를 했다.

 

그리고 여기서 재미있는 것이 필리포가 우리라고 말하는 .

 

필리포 사람이 증명하고 있기 때문에, 라고 해도 되는데, 우리라고 말하고 있다.

 

필리포가 제자가 나타나엘에게 증빙하기까지 얼마나 시간이 있었는지 모르지만, 필리포는 이만큼 직설적으로 증빙할 있게 있기 때문에 예수님과 이런저런 이야기를 했을 것이다.

 

그렇다는 것은, 사이에, 먼저 제자가 되어 있던 안데레와 페트로와도 만나고 있었을지도 모른다.

 

아니, 아마 그럴 것이다.

 

그래서 44절에서 필리포뿐만 아니라 앙드레와 페트로의 이름도 나오고 있다.

 

, 우리라고 하는 것은 제자가 우리들이라는 .

 

제자는 필리포뿐만이 아니다.

 

그리고 제자들은 모두 예수님이 구원자라고 믿는다.

 

이건 지금 여기 있는 우리도 마찬가지야.

 

우리도 모두 여러 차이가 있어도 예수님이 구원주라고 믿는 것으로 하나.

 

같은 하나를 믿고 하나가 되어 있다.

 

그게 너무 중요해.

 

그러니까, 라고 말하는 편이 좋은 장면인데, 우리 된다.

 

혼자 사는 것보다 우리 신앙이 중요하다.

 

물론 그렇지.

 

우리의 신앙은 우리의 구원자에 대한 믿음이니까.

 

 

 

다만 이때 필리포의 증거는 어땠는가.

 

필리포는 구원자를 그것은 나사렛 사람으로 요셉의 아들 예수라고 했다.

 

우리 같으면 이렇게 말하지 않을 거야.

 

우리 같으면 베들레헴의 마구간에서 태어난 하나님의 자녀 예수라고 것이다.

 

나사렛 사람이라는 것은 잘못이 아니다.

 

예수님은 나사렛에서 자랐다.

 

하지만 태어난건 베들레헴.

 

베들레헴은 구원자가 태어난다고 성경에 적혀 있던 .

 

구원자를 증명한다면, 베들레헴에서 태어났다고 말해 주기 바란다.

 

요셉의 자식이라는 것도 잘못됐다고 없다.

 

요셉은 마리아의 남편으로 예수를 자신의 자녀로 키웠다.

 

그러나 예수를 낳았을 마리아는 성령에 의해 임신했다.

 

그걸 몰랐기 때문에 요셉의 아이라고 했을지도 모른다.

 

 

 

그래도 증거로 좋아.

 

우선, 증빙을 하는 것이 중요.

 

다만 우리의 증거가 바로 받아들여지지 않는 경우도 있다.

 

필리포의 말을 들은 나타나엘은 나사레에게서 뭔가 좋은 나올까라고 말했다.

 

이런 식으로 말하고 있다는 것은 상당히 나자레를 낮게 보고 있다는 .

 

어느 시대나 시골은 낮게 보인다.

 

애초에 나사레는 구약성경에는 나오지 않는다.

 

나타나엘로서는, 자신의 기분으로서도, 성경적으로 생각해도, 그건 아니야, 라는 느낌.

 

증거는 받아들여지지 않았다.

 

 

 

우리는 그럴 어떻게 해야 할까.

 

우리는 자신의 이야기를 들어주지 않으면 열심히 설명하려고 때가 있다.

 

그러나 필리포가 이때 나타나엘에게 열심히 설명한 것은 아니다.

 

와서 보라고 했다.

 

스스로 확인해 보세요.

 

필리포로서는 예수가 틀림없이 구원자라고 믿기 때문에 이렇게 말할 있다.

 

스스로 확인해 준다면, 나타나엘도 있을 것이다, 라고 생각된다.

 

그러니까 ' ' 하면 된다.

 

그리고 이것은 정말 중요한 일이지만 사람이 예수를 만나지 않으면 예수를 구원자라고 믿을 수는 없다.

 

아무리 설명되더라도 남에게 들은 설명으로 예수를 구원자라고 믿게 해서는 된다.

 

우리가 증명하는 것은 사람이 예수를 만나기 위해서다.

 

그래서 와서 봐라.

 

그건 같이 교회에 가는 것일 수도 있고 집회 소식을 하는 것일 수도 있고 사람을 위해 기도하는 것일 수도 있고 책을 전달하는 것일 수도 있다.

 

어쨌든 사람이 어떻게 예수를 만날 있을까를 생각한다.

 

 

 

그리고 이것은 예수님의 마음도 같다.

 

장면에서 제자가 예수님께 선생님, 어디에 머무르십니까라고 물었다.

 

예수님은 오라.그래야 있다고 답했다.

 

예수의 말씀은 오라 그러면 보게 된다는 말씀.

 

우리는 예수님의 말씀대로 예수님을 만나 확인하고 믿었다.

 

그래서 우리도 자신 있게 와서 보라고 말할 있다.

 

 

 

나타나엘은 예수께 왔다.

 

예수님은 나타나엘을 발견하고 예수님 쪽에서 말을 걸었다.

 

이것은 제자가 사람은 모두 그렇다.

 

예수님께서 말씀해주신다.

 

그건 우리도 그랬을 아닌가.

 

예수님께서 우리를 찾아주시고 말을 걸어주신다.

 

그리고 이때 예수님은 나타나엘을 알고 계셨다.

 

우리도 그래.

 

와서 보라고 해서 내가 알았는데 예수님이 우리를 알고 계셔서 말을 걸어 불러주셨구나 하는 경험.

 

 

 

이때 예수는 이렇게 말했다.

 

보라. 진정한 이스라엘 사람이다. 사람에게는 거짓이 없다.

 

참으로 거짓이 없다.

 

진짜 이스라엘 사람

 

신이 확실히 선택한 사람이라는 .

 

이때 나타나엘은 예수님이 자신을 칭찬하고 자신의 기분을 좋게 하려는 것이 아니라 정말 자신을 안다고 느끼고 놀랐다.

 

나타나엘은 어떻게 저를 아십니까라고 말했다.

 

그러자 예수는 재미있는 대답을 했다.

 

나는 당신이 필리포로부터 말을 걸기 전에 나무 그루 밑에 있는 것을 보았다.

 

나무 아래는 이스라엘에서 신에게 마음을 돌리는 곳이다.

 

예수님은 계속 여기 계셨는데 그게 보였다.

 

그래서 당신을 진정한 이스라엘 사람이라고 말한 것이다.

 

 

 

나타나엘은 대답했다.

 

라비, 당신은 신의 아들입니다.당신은 이스라엘의 왕입니다.

 

좀처럼 처음부터 이런 말은 없을 같은 .

 

랍비, 선생님, 하고 처음에 말했지만 계속해서 하나님의 아들이라고 했다.

 

예언자라고 것은 아니다.

 

예언자는 인간

 

신의 아들이라고 했다.

 

그러면서 이스라엘의 왕이라고 했다.

 

이는 예수를 구약성경에 적혀 있는 구원자라고 인정했다는 .

 

와서 보라고 해서 그대로 했더니 오너라.그래야 있다는 예수님의 말씀이 실현됐다.

 

 

 

다만 나타나엘에게 예수는 위대한 것을 당신은 보게 된다고 말했다.

 

우리는 예수를 믿게 번째 때에 일단 경험을 했다고 있다.

 

예수님께서 오래전부터 나를 알고 계셨고, 나에게 가장 좋은 방법으로 불러주시고 믿게 해주셨다.

 

그러나 거기서 끝이 아니다.

 

예수님은 우리에게 것을 보여주신다.

 

그것이 하늘이 열리고 하나님의 천사들이 사람의 자식 위에 오르내리는 것을 당신들은 보게 된다는 .

 

이야기는 구약성서 창세기 28장에서 야곱이라는 사람이 꿈이 바탕이 되어 있다.

 

야곱은 하늘과 사이에 계단이 걸려 있어 그곳을 천사들이 오르내리는 것을 꿈에서 보았다.

 

예수님은 이때 계단이 것이라고 하셨다.

 

예수님이 하늘과 땅을 이어주신다.

 

그리고 하나님의 일을 하는 천사들이 오르락내리락하면서 지상에도 하늘과 마찬가지로 하나님의 힘이 나타나게 된다.

 

그것을, 당신은 보게 된다.

 

 

 

우리는 믿는 자가 되어 예수님이 우리를 교회에 불러주시고 그것을 보아왔다.

 

하나님이 나를 알고 있고, 나에게 일하시기만 하는 것이 아니라 우리 사이에 우리 교회에 하나님의 힘을 드러내 주셨다.

 

우리 교회 같은 교회는 따로 없다.

 

일본 전체로 보면 크리스천의 수는 줄어들고 있지만 우리 교회는 10 만에 2 3배가 됐다.

 

일본에 있는 일본 교회인데도 일본 이외에서 태어난 사람이 많아 일본어 이외의 언어로 예배가 열리고 있다.

 

그런 교회는 어디에도 없다.

 

예수님께서 하늘과 땅을 잇는 계단이 되어주셔서 천사들이 오르락내리락 일하고 있다.

 

그게 우리 교회.

 

신의 힘이 나타나 있는 교회

 

하나님은 앞으로도 우리 교회에 하나님의 힘을 드러내 주실 것이다.

 

이제 우리 교회는 변화를 겪게 된다.

 

불안감을 느끼는 사람도 있을 있다.

 

하지만 그곳에도 신의 힘은 나타난다.

 

하늘과 사이를 천사가 오르내리는 꿈을 야곱이 꾸었을 야곱은 자신의 오빠에게 목숨을 노려 도망가던 중이었다.

 

그럼에도 하나님은 하나님의 힘이 나타나는 꿈을 꾸게 하셨고, 그리고 그대로 야곱을 지켜주셨다.

 

신은 앞으로 우리에게도 위대한 것을 보여주실 것이다.

 

우리는 우리 교회는 하늘과 연결되어 있고 하나님의 힘이 나타나고 있다.

 

신의 힘은 앞으로 크게 나타난다.

 

그것을 믿고 예수님의 제자로서 예수님을 따라 증명해 나가고 싶다.